menu

耳垂れが出る方におすすめの6種の漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あめ耳は耳だれではない

まず最初におさえておいてほしいのは、いわゆる耳あかのやわらかいものと、耳垂れとは別ものだということである。耳あかのやわらかいものをあめ耳といって、病気ではないのだが、耳垂れだと思って、悩んでいる人も多いようだ。

考えられる病気

耳垂れを起こすのは、外耳道(がいじどう)や中耳(ちゅうじ)の炎症性の病気のためで、急性のものでは耳の痛みをともなう。耳癤(じせつ)では、さらさらした水のような耳だれ、急性中耳炎では、水のようなのがだんだんねばってきて、黄から白に変色する。慢性中耳炎では、くさい耳だれがつづく。

病気として多いのは外耳湿疹(がいじしっしん)で、この場合は耳だれはさらさらしているが、耳がかゆくなる。

漢方には外用薬もある

急性中耳炎によるものも漢方が有効だが、乳幼児に多く、症状も重くなるので、 ここでは述べない。湿疹や慢性のものの処方をあげよう。

耳垂れにおすすめの漢方薬

小青竜湯

体力が中程度以上で、小便の出がわるく、発刊しないで、かゆみが強いものに用いる。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

体力中程度で、食物がみぞおちにつかえたり、吐きけや軽い痛みのある人によい。

五苓散

のどが渇き、小便の出がわるく、下痢しやすく、冷え症で、顔や手のはれぼったい人に。

真武湯

下痢しやすく、疲れやすい虛証の人に。

小柴胡湯

体力が中程度の女性の湿疹で、かけば耳だれが出るようなものによい。

紫雲膏(しうんこう)

外用薬として一般的に用いる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る