menu

羗活(きょうかつ)の解説ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:羌活·唐羗活/きょうかつ(羗活)

中国では四川。陝西、雲南省などの高山に分布するセリ科の多年草、キョウカツ(㊥羗活Notopterygiumincisum)、および寛葉羗活N.forbesuの根と根茎を用いる。日本にはこのキョウカツと同じノトプテリギウム属の植物は産せず日本産の羗活、すなわちわきょうかつ和羗活はウコギ科のウド(㊥食用木Araliacordata)の根である。ウドはキョウカツと全どとうく別の植物であり、中国ではウドの根を土当帰という。ちなみに日本ではウドの地下部のうち根茎部や宿根を独活といい、側根や若根を羗活という、中国から日本に年間数トン輸入され、唐羗活と呼ばれている。中国産ではせんきょうとくに四川省産の品質が優れ川羗と称されている。現在、日本には和羗活と唐羗活のいずれも流通しており、単に羗活といえば中国産のものをいい、日本産のものは和羗活という。

唐羗活の成分にはポリアセチレン系化合物やフロクマリン類、リモネン、ピネンなどの精油が含まれる、漢方では解表、祛風湿、止痛の効能があり、感冒や頭痛、筋肉痛、関節痛、麻痺などの治療に用いる。独活と効能はよく似ているが「風を療ずるには独活を用いるが宜し。水を兼ねたるには羗活を用いるが宜し」といわれている。また、一般に上半身の痛みには羗活、下半身の痛みには独活を用い、全身の痛みには一緒に用いる。→和羗活・独活

解表作用

悪寒、発熱、咽喉痛、頭痛に用いる、扁桃炎などで咽が腫れて痛むときには荊芥・牛蒡子などと配合する(駆風解毒散)。風邪などで全身が痛み、寝返りができないほどのときには独活・防風・藁本などと配合する(羗活勝湿湯)。感冒(外感風寒)などによる頭痛に防風・白芷などと配合する(川芎茶調散)。突発的な頭痛には蔓荊子・川芎などと配合する(清上蠲痛湯)。

止痛作用

筋肉痛・関節痛に用いる。五十肩や肩背痛に対して蒼朮・威霊仙などと配合する(二朮湯)。腰痛や坐骨神経痛には当帰。川芎などと配合する(疎経活血湯)。リウマチなどによる慢性の関節の痛みには附子・牛膝などと配合する(大防風湯)。関節の周囲が赤く腫れて痛むときには黄芩・苦参などと配合する(当帰拈痛湯)。

処方用名

羗活・川羗活・西羗活・キョウカツ

基原

中国産はセリ科UmbelliferaeのNotopterygiumincisumTingetH.T.ChangおよびN.forbesiiBoss.の根および根茎。

日本産(和羗活)および韓国産はウコギ科AraliaceaeのウドAraliacordataThunb.の根。

性味

辛・苦、温

帰経

膀胱・肝・腎

効能と応用

散寒燥湿解表

方剤例

九味羗活湯

風寒湿邪の外感による悪寒・発熱・頭痛・関節痛などの症候に、防風・細辛・川芎などと用いる。

祛風湿・止痛

方剤例

羗活勝湿湯・蠲痺湯

風寒湿痺の関節痛に、独活・防風・秦艽・桂枝・桑枝などと用いる。

臨床使用の要点

羗活は辛苦・温で気味が雄烈であり、上昇発散に働き作用が強烈であるため、「気雄にして散ず」といわれる。膀胱経に入り肌表の游風と寒湿の邪を表散し、肝腎に入って関節を通利し止痛する。それゆえ、風寒や風湿の外感による頭痛・背強・一身尽痛、あるいは風寒湿痺の関節疼痛などに有効であり、とくに風寒湿邪による上半身の肌肉風湿痛や腰背部肌肉の畏冷攣縮に適している。

参考

散風の効力は防風より強い。

用量

3~9g、煎服。

使用上の注意

①感冒には少量を、風湿痺にはやや多量を用いる。一般に過量に使用しないほうがよい。

②昇散温燥し傷陰耗血しやすいので、風寒湿邪ではなく気血不足による痺痛や外感病で咽喉の乾燥をともなうときには禁忌である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る