menu

尿が少ない・出にくい・出ない方におすすめの3種の漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

無尿・乏尿には危険が多い

尿の量が少ない・出にくい・出ないというのは医学的にいえば、はっきりと区別しなければならないものだが、ここでは一緒に扱う。

考えられる病気

尿の量が少なくなる場合。急性の胃炎や自家中毒症などで、嘔吐や下痢をくりかえせば、水分が失われ、尿量は減少する。また高熱を発して、たくさん汗をかいたときも、尿量は減る。尿量減少で最も問題なのは、まぶた・顔にむくみがあらわれるときで、急性腎炎やネフローゼが疑われるので、ただちに医師の診察を。

尿が全然出なくなる(無尿)・出にくい(乏尿)という場合には、危険が多い。尿道や膀胱、あるいは前立腺などに、結石・腫瘍・炎症などが起きて、尿の通過を妨げるからである。なお、ときには、会陰部(えいんぶ)を強く打ったり、脊髄(せきずい)に障害がある場合に、排尿困難になることもある。

漢方では会陰部を打ったら桃核承気湯

当然、利水剤を用いる。別項「尿が多い」参照。

尿が少ない・出にくい・出ない方の漢方薬

八味丸

老人で、倦怠感を訴えるような人の、尿量減少に。下肢にむくみがあってもよい。

五苓散のどが渇くが、尿の出が少ない場合によく用いる。むくみがあってもよい。

竜胆瀉肝湯

膀胱や尿道、またはその周囲に炎症が起きて、尿が出にくい場合に処方する。

桃核承気湯

会陰部を強く打ち、尿閉を起こしているときに、著効をみることがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る