menu

吐き気があってお腹がゴロゴロ鳴る下痢に黄連湯(おうれんとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄連湯(おうれんとう)は、吐き気があってお腹がゴロゴロ鳴る下痢によく使われます」

処方のポイント

半夏瀉心湯から黄芩を除き、新たに消化墨を温める桂皮を加えたもの。胸やけがするのに胃が冷え冷えとしている、お腹がゴロゴロ鳴り下痢をする等の症状に適応する。二日酔にも応用される。苦辛味で、温服が効果的。

黄連湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症:急性胃炎、二日酔、口内炎。

漢方的適応病態

脾胃不和に腹痛を伴うもの。発熱性疾患の経過にもみられる。

黄連湯の組成や効能について

組成

黄連6炙甘草6乾姜6桂枝6人参6半夏6大棗6

効能

清上温下・和胃降逆

主治

上熱下寒・胃失和降

◎上熱下寒:ここでいう上熱下寒の上下は三焦のそれではなく、上は胸部、下は胃および腹部を示す。

解説

黄連湯は「半夏瀉心湯」から黄芩を去り、桂枝を加えた処方である。「黄連湯」および「半夏瀉心湯」はともに寒薬と温薬、瀉薬と補薬を併用しているが、本方剤の特徴は、黄連を重用して胸中の熱を清し、桂枝を加えて乾姜の温中散寒作用を増強することによって、胃痛、腹痛などの疼痛を止められることである。

適応症状

◇心煩

胸中に熱邪が停滞しているために、心の蔵神機能が失調した症状である。(上熱)

◇胃痛・腹痛

寒邪の侵入や脾胃の陽虚によって、寒が体内に生まれ「寒は痛を主る」ため、胃痛、腹痛の症状が現れる。(下寒)

◇悪心・嘔吐

胸中の熱と、胃、腹部の寒によって胃の和降機能が失調すると、濁気が上逆して悪心、嘔吐する。

◇舌苔白滑

白苔は寒を意味し、滑苔は湿を意味する。湿が熱に変化した場合はやや黄苔となる。

◇脈弦

疼痛が強いことを示す脈象である。

黄連は黄連湯の主薬で、上部(特に心)の熱を清する作用によって心煩を治療する。また胃熱を清する作用と半夏の降逆作用によって、悪心、嘔吐を治療する。乾姜、桂枝は温性が強く寒邪凝滞による胃痛、腹痛を緩和させる。人参、甘草は補気作用によって、平素の脾胃虚弱を補益する。

臨床応用

◇悪心・嘔吐

黄連の清熱止嘔作用と半夏の降逆止嘔作用があるので、悪心嘔吐の症状に使用できる。温薬と補薬が配合されているので、寒の停滞や虚の症状に適している。

◎疲労・食欲不振など脾胃虚弱の症状が強いとき+「六君子湯」(健脾開胃・化痰)

◇胃痛・腹痛

黄連湯に止痛薬は配合されていないが、温薬と寒薬の併用によって、上熱下寒の状態を改善し、脾胃の昇降機能の調節できる。原因が複雑な胃痛、腹痛を治療する。

◎イライラ、脹痛の肝鬱症状が強いとき+「四逆散」(疏肝理気・止痛)

◎胃腹部に冷痛があるとき+「安中散」(散寒止痛)

◎疲労感の強い虚性の胃腹疼痛があるとき+「人参湯」(温中益気・止痛)

◇下痢

黄連は熱性の下痢を治療し、乾姜は寒性の下痢を治療する。寒熱挾雑の腹痛をともなう下痢に適している。

舌紅苔黄など熱症状が強いときは、清熱作用がやや強い「半夏瀉心湯」を選ぶ。

◎顔色蒼白、疲れやすい、食欲不振、苔白など脾虚湿のとき+「参苓白朮散」(健脾渗湿)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る