menu

ジャガイモを食べて得られる効果、効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

▼健胃、利尿、消炎

ドイツでは「ジャガイモ料理を100種類も知らないうちは嫁に行けない」といわれるそうだ。それほど馴染み深いのであろう。わたしたちの食卓でも年中このお世話になっている。用途が広い、価格が手ごろ、入手しやすい、たくさん食べられる、そして栄養的にも軽視できない野菜というわけで、どこの家庭でもなくては困る食材の1つとなった。

ジャガイモとは

ジャガイモは南米アンデス原産でナス科の多年生草本。日本には慶長三年にオランダ人がジャワのジャカルタから平戸に持ちこんだといい、それにちなんで呼ばれた名である。江戸時代にはたびたび飢饉を救ったので救荒食として知られ「お助け芋」とも称されたとか。国内の産地では北海道が有名。丸くて粉質系の男爵と、やや細長くて枯気のあるメイクイーンが代表的な品種である。

ジャガイモの効果、効能

芋類の共通点として主成分は糖質だが、カリウムとビタミンCの多いのがジャガイモの特徴であろう。カリウムは利尿作用と過剰な塩分を尿に排出する働きがあり、血圧の上昇や体のむくみを防いでくれる。なのに調理で失われ不足しがちなだけに、いつも食べられるジャガイモの存在はありがたい。

またジャガイモのビタミンCは、加熱で壊されやすいのを澱粉で包むことで守り安定した形で摂ることができる。さらにB1なども含むのでコラーゲンを生成して皮膚や血管を強くしたり、抗酸化や免疫力を高めたりしてくれるのだ。カロリーはサツマイモの約半分しかない。しかし糖質を摂るのに神経質な人は、ジャガイモをこした煮汁をスープにして飲めば有効成分は摂取できるだろう。

摂取方法、民間療法

ジャガイモは調理法でエネルギー量が大きく変わる。同じ分量でも、茹でたものと揚げたものではカロリーで七倍もの違いが出るのだ。フライドポテトなどは意外に高カロリーだから過ぎないように。皮ごと茹でてから皮を剥いた方が栄養も風味もよい。煮物、揚げ物もなるべく皮をつけたまま調理したい。

民間療法では昔から胃弱にジャガイモのすりおろし汁を飲ませたり、打ち身や腫物などにジャガイモの生汁と適量の小麦粉と酢を混ぜて湿布する方法などが伝えられてきた。ジャガイモに「健脾益気」と「利水消腫」の効能があるという漢方の教えによるものであろう。ジャガイモの消炎作用を応用して火傷や湿疹におろし湿布をする地方もある。

保存しやすいのもジャガイモの長所だが、発芽したものはソラニンという有毒物質があるから周囲をえぐり取って捨てること。リンゴ1個を入れておくとエチレンが発芽を抑えてくれる。ジャガイモの旨いのは春と秋。「五升薯といひて珍重蝦夷に住む」(年尾)という句もあるくらいだ。ゴショイモは北海道の方言だが、わたしの田舎・山形でもそう呼んでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-11-7

    【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

    推奨漢方判定に興味を持っていただき、ありがとうございます。 漢方LIFEが提供する推奨…
  2. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  3. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  4. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  5. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
ページ上部へ戻る