menu

風邪を撃退!風邪の予防におすすめの漢方的な養生法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

風邪をひいてしまうと熱や喉の痛みで辛いだけでなく、会社を休んだり、大事な予定をキャンセルしなければいけなくなったりと非常に困るものです。そうならない為にも予防が肝心。風邪予防といえば「手洗い」「うがい」ですが、風邪をひかないようにするためには他にも日頃の養生が大事です。そこで今回は風邪をひかないようにするための予防法について漢方的なアドバイスを紹介していきます。

風邪の予防は「肺」がカギを握っている?!

西洋医学では風邪は主にウイルス性の感染症と考えられていますが、東洋医学ではかぜの初期症状をもたらす「風邪(ふうじゃ)」や寒さの「寒邪(かんじゃ)」、乾燥した気候の「燥邪(そうじゃ)」など、主に気候の変化など外部から病気を発病させる要因となる外邪(がいじゃ)が体に入り込んで悪さをしている状態と捉えます。

通常、健康な体ではバリア機能があるため、こうした外邪は簡単には入りこめなくなっています。しかし、抵抗力が弱った体ではバリア機能が低下しており、簡単に体に侵入できるようになってしまうのです。

五臓六腑で考えたとき、バリア機能を担っているのは「肺」です。東洋医学で言う所の「肺」とは呼吸機能も含まれますが、呼吸器官である鼻や喉だけでなく、皮膚や粘膜も含まれ、それらは外界と直接つながっているため気温や湿度、ウイルスなどの外邪の影響を最初に受ける体のバリア器官です。そのため肺は、呼吸の働きの他にも「気」の巡りを調整したり、気を体の内部から外部へと発散させたり、行き渡らせたりすることで外邪の侵入を防いだり、発汗を調節するなどの機能も担っています。つまりこの働きが正常なときには、風邪を寄せ付けないため侵入を防ぐことができます。

しかし、この「肺」の働きが弱まると、皮膚は乾燥し、汗をかきにくくなったり、外邪が侵入しやすい状態となり、風邪をひきやすくなるなどの症状が出てきます。

 

肺には潤いが必要!おすすめの養生法

「肺」は非常に乾燥が苦手です。そのため、秋冬などの特に乾燥が強い時期になると「肺」の機能が低下しやすくなって、風邪をひきやすくなります。風邪を予防するには、「肺」を常に潤しておくことが大事です。

そこでどんな対策をすればよいのか具体的に紹介します。

マスクや加湿器などで乾燥を防ぐ

乾燥した空気はウイルスなどの活動を活発にさせ、さらに粘膜が乾燥するとバリア機能が衰えるためウイルスを侵入させやすくします。そのため、喉や鼻の乾燥を防ぐためにもマスクを着用したり、室内の加湿を心がけましょう。ただし、加湿器を使う場合には十分に洗って清潔に使うことが大切です。濡れたタオルを絞って部屋に吊るしておくと簡単かつ衛生的に加湿することもできます。

喉を水分補給で潤す

定番ですが風邪の予防にはうがいが有効です。こまめにうがいすると共に、外出中も喉を乾燥させないように水分をこまめに摂りましょう。風邪予防に良い飲み物としては抗菌作用や抗ウイルス作用のある「緑茶」や体を温める作用のある「なつめ」や「生姜」などを使った薬膳茶などもおすすめです。魔法瓶やタンブラーを持ち歩いて、いつでも飲めるようにしておきましょう。

「肺」を潤す食材を取り入れる

色の白い食材は「肺」を潤す作用があります。特に「白きくらげ」は不老長寿の薬ともされていて、肺を強化してくれます。デザートやスープなどにして取り入れましょう。また、他にも次のような白い食材があります。

 白ごま、ぎんなん、れんこん、ゆり根、はちみつ

さらに、フルーツの中にも「肺」を潤す作用が高いものがあります。例えば、秋に旬を迎える「柿」「ぶどう」「梨」などは水分が多く、酸味や甘みがあり呼吸器を潤す作用があるのでおすすめです。ただし、梨や柿は体を冷やす作用も強いので、食べ過ぎには気をつけましょう。

首元・腰・足などを冷やさないよう保温

東洋医学では「風邪」は背中や首元あたりから体に入り込むと考えます。そのため、悪寒がするような時には、首元を温めましょう。マフラーやストールを使って温めたり、火傷しない程度のドライヤーの風を当てて温めてみましょう。また、腰回りや足首のあたりは冷やさないように、腹巻きや長めの靴下を履くようにすることも大切です。

軽めの運動を心がける

風邪の予防には体力をつけておくことが大事です。しかし、体力をつけようとして激しい運動をしてしまうと、逆に消耗して抵抗力が低下することもあります。特に風邪の流行する冬場は東洋医学では「閉蔵の時期」といわれ、消耗する激しい運動は控えた方が良いと言われています。うっすらと汗をかく程度のウォーキングやヨガなどが良いでしょう。

胃腸をいたわり、食べ過ぎないこと

風邪をひかないようにと肉類を食べ過ぎたり、食欲に任せて食べ過ぎてしまうのは逆効果です。胃腸は栄養を吸収するための大事な臓器であり、胃腸が弱まると全身の健康にも影響を与えます。食べ過ぎないように、腹八分目を心がけましょう。

また、胃腸を冷やすと体の内部が冷えて、風邪をひきやすくなります。温かいスープや鍋物で体を温めたり、にんにく、しょうが、長ネギなどの薬味を活用するのも効果的です。

風邪は予防が一番!養生して風邪知らずの体を作ろう

風邪を一度ひいてしまうと仕事や家事などに大きな支障をきたします。そのため風邪は予防して罹らないことが一番です。手洗いうがいを習慣にして、他にも今回紹介したような養生を取り入れていきましょう。風邪の予防には毎日の小さな積み重ねが物を言います。症状が出てから対処するのではなく、十分な栄養と休息をとって健康的な毎日を過ごすことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. おすすめ漢方判定フォーム

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る