menu

乾癬にお悩みの方を漢方薬で解決に導く方法

乾癬とは

乾癬は慢性的な皮膚疾患です。人によって症状や発症する場所が異なり、適した治療方法もさまざまですが、主な症状は、皮膚が赤くなって盛り上がる。赤い発疹「紅斑(こうはん)」の上に、銀白色の細かいカサブタのようなもの[鱗屑(りんせつ)]が付着し、ポロポロとはがれ落ちる落屑(らくせつ)」が起こる皮膚の病気です。

患者さんの数は、欧米において、人口の2~3%と珍しい病気では無いですが、過去の日本では極めてまれな病気でした。しかし、近年は生活習慣(食生活など)の変化やストレスなどが原因で、患者さんの数は徐々に増加し、まれな病気とは言えなくなってきました。

国内の患者数は10万~20万人(500~1000人に1人)程度の割合で発症していると言われています。
男女比は2対1で男性に多く見られがちで、乳幼児から高齢者まで年齢層は幅広いですが、思春期以降、あるいは中年以降が多く。

男性では30代、女性では10代および50代での発症が多いようです。
また、諸外国では必ずしも男性に多いわけではありません。

名前なら誤解されがちですが、他人にうつったする疾患ではありませんのでその点はご安心くださいませ。

原因

乾癬の原因は現在、明らかにはなっていまえんが、最近の研究では表皮細胞の異常な増殖と、これに免疫の異常により炎症が起こる事で発症する事が明らかになってきました。

また、乾癬の症状の現れている部分では表面上の異常だけではなく、免疫系にも異常が生じて、炎症が起こっている事も明らかになってきました。

免疫は、細菌、ウィルスなどの異物が侵入する事を防ぐ、身体の大切な防御システムなのですが、異常をきたすと、最近やウィルスではなく自分自身を攻撃する様になっていまい炎症が起こってしまいます。

症状

乾癬では様々な特徴的な皮疹が現れます。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

最も多いのがこの種類です。全体のおよそ9割がこのタイプ。皮膚が赤く盛り上がりる「紅斑(こうはん)」が出て、その上に細かいカサブタのような「鱗屑(りんせつ)」が生じ、フケのようにボロボロとはがれ落ちる「落屑(らくせつ)」事が特徴です。一般的に乾癬といえば、この尋常性乾癬を指します。

関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)

こちらの症状は、手と足の関節によくみられる症状です。関節の腫れ、痛みなど関節リウマチに近い症状や、強い変形をきたす事もあります。乾癬になってしまったからと言って、必ずしも関節症性乾癬を発症するわけではありません。また、症状がひどいからと言って関節症状がひどくなるわけでもありません。

多く発生するケースでは、まず乾癬の皮疹が出て、その後に関節症状の流れが一般的ですが、それが数か月後の事もあれば十数年後に出たりもします。
乾癬の症状が出た方の中でも、指の関節や爪病変などがある場合に可能性が高いと言えます。

全体の3~5%がこの症状です。

滴状乾癬(てきじょうかんせん)

滴状乾癬は比較的若い人に多く、溶連菌感染(扁桃炎)の後などに、水滴ぐらいの大きさ(直径1cm程度)の小型の皮疹が、急に全身に現れます。多くの場合、溶連菌感染の治療によって治りますが、慢性の病気である尋常性乾癬に移行する場合もあります。滴状乾癬は乾癬の種類の中でも2番目に多く見られる、皮膚の赤みや皮膚炎などの症状を引き起こす炎症性皮膚疾患で、滴状乾癬は接触により感染、つまり、接触伝染性ではありません。

乾癬性紅皮症(かんせんせいこうひしょう)

乾癬は皮膚の一部に赤く盛り上がった皮疹ができ、白い垢のようなものが付着してボロボロとはがれ落ちていきます。さらにこの症状が悪化し、赤い皮疹が全身におよぶと乾癬性紅皮症を患います。健康な皮膚が一切なくなるほど症状が悪くなる場合があり注意が必要です

乾癬性紅皮症は乾癬が悪化し、全身が真っ赤に炎症をおこす病気です。尋常性乾癬の皮疹が全身に広がり、赤い皮疹が全身におよぶと乾癬性紅皮症を患います。最初から紅皮症化した状態で発病する患者さんはほとんどいません。未治療や不適切な治療、薬剤や感染症などの影響により、尋常性乾癬から乾癬性紅皮症に移行してしまう患者さんが多いようです。発症する割合は多くはありません。

汎発性膿疱性乾癬(はんぱつせいのうほうせいかんせん)

発熱や悪寒、全身倦怠感などを伴い、急激に全身の皮膚が赤くなり(紅斑)、更にその上に無菌性の膿疱(うみを持った状態)が多数現れてきます。発熱や皮膚の発赤とともに「膿疱(のうほう~皮膚に膿がたまったもの)」がたくさん出現する病型を「膿疱性乾癬」と呼び、放っておくと全身衰弱などにより死にいたることまであります。汎発性膿疱性乾癬は、尋常性乾癬の経過中に生じることもあれば(尋常性乾癬の最重症型)、乾癬の症状がないのに突然生じることもあります。
治療は通常の乾癬とは異なり、入院による加療が必要です。発症頻度は非常にまれですが、難治性であることや、治療に急を要することなどから、厚生労働省の難病に指定されています。また、他の乾癬同様他人に伝染する心配はありません。膿疱は血液中の白血球が集まったものですが、細菌感染ではありません。

乾癬という皮膚症状は細菌やウイルスなどの明確な原因があるわけではないので完治する事が非常に難しい病気です。それは世間が西洋医学に頼っており、明確な原因を取り去る事で症状を抑える事が治療であるという一般認識が蔓延している事も原因の一つでは無いかと当サイトは考えております。もし、乾癬の発生する原因となる、その人自身の体質などの根本的原因を改善する事が出来れば、乾癬も根本的に解説出来ると考えられないでしょうか?当サイトでは、漢方薬による乾癬の治療をおすすめしております。今までどんな薬や治療を試しても治らなかった方も大歓迎です。是非東洋体質検査をご体感下さいませ。

アンジェリカ

モデルの道端アンジェリカさん(31)が、自身のインスタグラムですっぴんの写真を公開し、乾癬である事を公開しましたね。
「ネットで、スーパーフードを食べてるのに肌が汚い」と書かれていた事に対して、反応したものとの事です。
肌が汚いという批判に対して、それが乾癬という病気によるものである事、そして道端アンジェリカさん本人の詳しい気持ちがあったことは非常によくわかります。乾癬に苦しむ人は非常に多く存在するでしょう。その中の一人として、世間に乾癬という病気の認知度が広がる事で、同じ病気で苦しむ人達が悔しい思いをしなくて良い様になる事を祈ります。
そんな乾癬でお悩みのあなた!その他様々な症状にお悩みの場合は、ぜひ東洋体質検査をお試しくださいませ。

治療

乾癬の治療に関して、漢方薬の持つ可能性に関しては前述のとおりです。当サイトでは乾癬をはじめ、様々な症状にお悩みの方からの相談を日々受け止めて、これに対応出来る体制を整えております。

体制が整いましたらサイト上で公開しますので、よろしくお願い申し上げます。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る