menu

大黄(だいおう)の生薬解説ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:将軍(しょうぐん)・川軍(せんぐん)/だいおう(大黄)

中国などに分布するタデ科の多年草、ダイオウ類の根茎を用いる。ダイオウはおもに中国西北部の海抜2、000~3、000mの高山に自生し、ギシギシとよく似た植物であるが草丈は2mにも及ぶ。中国、朝鮮産のダイオウの基原植物にはシヨウヨウダイオウ(㊥掌葉大黄Rheumpalmatum)、ヤクヨウダイオウ(㊥薬用大黄R.officinale)、タングートダイオウ(㊥唐古特大黄R.tanguticum)、チョウセンダイオウ(㊥朝鮮大黄R.coreanum)などがある。日本産のダイオウには、シベリア原産で江戸時代に日本に渡来したカラダイオウR.undulatumというのがあり、奈良県で古くから栽培されていた。このカラダイオウの根茎は、とくに和大黄(わだいおう)という。現在では、武田薬品が信州八ヶ岳山麓で50年の年月をかけて開発した大黄の品種を信州大黄(しんしゅうだいおう)と呼んで、さかんに北海道で栽培が行われている。大黄は古くから世界中で用いられた下剤であり、中国の『神農本草経』、インドの『チャラカ本草』、欧州の『ギリシャ本草』にも記載されている。大黄はその薬効が激しいため将軍(しょうぐん)という別名もあり、とくに有名な四川省のものを川軍(せんぐん)という。また生のものを生軍(しょうぐん)というのに対し、酒と混ぜて加熱し後に乾燥したものを酒軍(しゅぐん)という。大黄の断面には多数の放射状に走る旋紋があり、これを錦紋大黄(きんもんだいおう)といい、旋紋のみられないものを品質の劣る土大黄として区別する。ちなみに和大黄はこの土大黄(どだいおう)のひとつである。一般に錦紋系の重質品である西寧大黄(せいねいだいおう)が良品とされているが、日本では江戸時代からおもに雅黄(がおう)といわれる軽質品が輸入されている。大黄の下剤成分としてセンノシド類が知られており、センノシドは腸内細菌によってレイン・アンスロンという活性成分に変換されて大腸で効果を発現する。またアントラキノン類の抗菌・抗炎症作用、リンドレインの抗炎症作用、ラタンニンの血清BUN低下作用なども明らかにされている。漢方では通便・清熱瀉火・活血化瘀の効能があり、熱性疾患、興奮症状、瘀血、腹部腫瘤、無月経などに用いる。大黄の瀉下成分は熱に不安定であるため30分以上煎じるとその効果は減弱するため、下剤として用いるときには一般に後から煎じる。一方、清熱・活血薬として用いるときには長時間煎じるほうが効果は強くなり、瀉下作用は緩和される。また酒軍にして用いれば瀉下作用は弱まり、抗炎症作用や駆瘀血作用が強くなる。ただし大黄には子宮収縮作用があり、また母乳に移行するため、妊娠中や授乳中の服用は控えるべきとされている

①瀉下作用

おもに急性の便秘に用いる。しばしば芒硝と配合する。熱結と称される熱性疾患に伴う便秘や口渇、腹満、うわ言、舌苔黄などのみられる便秘に芒硝・枳実・厚朴などと配合する(大・小承気湯)。甘草と配合すると大黄の激しい作用が緩和される(大黄甘草湯・調胃承気湯)。慢性化した便秘には麻子仁・杏仁などと配合する(麻子仁丸・潤腸湯)。冷えにより生じる便秘には附子・乾姜などと配合する(大黄附子湯・温脾湯)

②清熱作用

炎症症状や上部の熱証に用いる。肝炎や胆囊炎などの胸脇苦満や黄疸を伴う炎症に柴胡や茵蔯蒿と配合する(大柴胡湯・茵蔯蒿湯)。虫垂炎などで右下腹部に痛みのあるときには牡丹皮・冬瓜子などと配合する(大黄牡丹皮湯)。急性細菌性下痢には黄連・芍薬などと配合して用いる(芍薬湯)。これは「通因通用」といって下痢に下剤を用いる方法である。のぼせや鼻血、興奮などの熱症状に黄連・黄芩と配合する(三黄瀉心湯)。

③活血作用

打撲や月経異常などの瘀血による症状に用いる。打撲、捻挫による疼痛や腫脹に当帰・桃仁あるいは川芎・樸楸などと配合する(千金鶏鳴散・治打撲一方)。一貫堂では瘀血証体質の改善に当帰・紅花などを配合した通導散を用いる。月経困難症や精神症状に桃仁・桂皮などと配合する(桃核承気湯)。

処方用名

大黄・錦紋・将軍・川軍・生大黄・生軍・生川軍・生錦紋・酒大黄・酒川軍・酒軍・酒洗大黄・製大黄・製川軍・製軍・製錦紋・熟大黄・熟軍・大黄炭・ダイオウ

基原

タデ科Polygonaceaeのダイオウ属植物RheumpalmatumL.、R.tanguticumMaxim.etRegelおよびR.0fficinaleBaill.またはそれらの種間雑種の根茎。しばしば根も利用される。

性味

苦、寒

帰経

脾・胃・大腸・肝・心包

効能と応用

方剤例

瀉熱通腸

①大承気湯・小承気場・調胃承気湯

胃腸の実熱積滞による便秘・腹痛・高熱・意識障害・うわごとなどの症候に、芒硝・枳実・厚朴などと用いる。

②芍薬湯

大腸湿熱の下痢・腹痛・テネスムスなどに、黄連・黄芩・白芍・木香などと用いる。

③木香檳榔丸・枳実導滞丸

食積の下痢してすっきりしない・腹満・腹痛などの症候に、木香・檳榔子・枳実・青皮などと使用する。

④温脾湯・大黄附子湯

寒積の便秘・腹痛・冷え・脈が沈遅などの症候にも、温裏の附子・乾姜などと使用する

清熱瀉火・涼血解毒

①三黄瀉心湯・涼膈散・当帰竜薈丸

火熱上亢による目の充血・咽喉の腫痛・歯痛あるいは血熱妄行による鼻出血・吐血など、上部の火熱の症候に、黄芩・黄連・山梔子などと用いる。

②大黄牡丹皮湯・闌尾(らんぴ)化瘀湯・闌尾清化湯・闌尾清解湯

腸癰(虫垂炎など)に、金銀花・連翹・牡丹皮・桃仁などと使用する。

癰腫疔瘡(皮膚化膿症)にも、野菊花・蒲公英・連翹・金銀花などと使用する。

熱傷や皮膚化膿症に、単味であるいは地楡とともに粉末にして油で調整し外用する。

行瘀破積

①無積丸・下瘀血湯

血瘀による無月経や産後瘀阻の腹痛に、桃仁・紅花・䗪虫などと用いる。

②復元活血湯・治打撲一方・通導散

打撲外傷による腫脹・疼痛に、桃仁・紅花・穿山甲・乳香・没薬などと使用する。

清化湿熱

①茵蔯蒿湯

湿熱の黄疸に、茵蔯・山梔子などと用いる。

②大陥胸湯

水熱互結の結胸による心窩部~下腹が硬く脹って痛む・発熱などの症候には、芒硝・甘遂などと使用する。

③已椒藶黄丸

腸間の水気(腹水)による腹満・便秘・尿量減少などに、椒目・防已・葶藶子などと使用する。

臨床使用の要点

大黄は苦寒沈降し気味ともに厚く、「走きて守らず」で下焦に直達し、胃腸の積滞を蕩滌するので、陽明腑実の熱結便秘・壮熱神昏に対する要薬であり、「斬関奪門」するところから「将軍」と名づけられている。また、攻積導滞し瀉熱通腸するため、湿熱の瀉痢・裏急後重や、食積の瀉痢・大便不爽にも有効である。このほか、瀉下泄熱により血分実熱を清し清熱瀉火・涼血解毒に働くので、血熱吐衄・目赤咽腫・癰腫瘡毒などの上部実熱にも用い、行瘀破積・活血通経の効能をもつために、血瘀経閉・産後瘀阻・癥瘕積聚・跌打損傷にも適し、湿熱を大便として排出し清化湿熱にも働くので、湿熱内蘊の黄疸・水腫・結胸にも使用する。外用すると、清火消腫解毒の効果がある。

参考

生用(生大黄・生川軍・生錦紋・生軍)すると瀉下の力が強く、酒をふきかけ火で焙る(酒大黄・酒川軍・酒軍・酒洗大黄)と上部の火熱を清すると同時に活血行瘀の効能が強くなり、酒とともに黒色になるまで蒸す(製大黄・熟大黄・熟軍・製川軍・製軍・製錦紋)と瀉下の力が緩やかになって清化湿熱の効能が強くなり、炒炭(大黄炭)すると化瘀止血に働く。

用量

3~12g、煎服。粉末を呑服するときは、1回0.5~1g。外用には適量。

使用上の注意

①瀉下の効果を得るためには、長時間煎じてはならない。後下する。

②峻烈な攻下破瘀の薬物であるから、実証でなければみだりに使用してはならない。

③妊婦・月経期・哺乳期には禁忌あるいは慎重を要する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る