menu

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「柴胡桂枝乾姜湯は悪寒がひどい、長引いたかぜによく使われます」

処方のポイント

繰り返しの悪寒と発熱に対応する柴胡・黄芩、からだを強力に温める乾姜・桂皮、痰を除く栝楼根・牡蛎、消化器を保護する甘草で構成。

感冒がこじれ、悪寒は強いが発熱の度合いはさほどでもない場合に適応。

特徴的な症状は、頭部の発汗、脇の張り等。気持ちがソワソワする等の精神症状にも応用。甘辛味で、温服が効果的。

柴胡桂枝乾姜湯が適用となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏のものの次の諸症:更年期障害、血の道症、神経症、不眠症。

漢方的適応病態

1 )津液不足、裏寒の症候を伴う半表半裏証、舌質は乾燥、舌苔は少。脈は弦細。

2)肝鬱化火・胃寒。津虚。舌質は乾燥、舌苔は少。脈は沈弦細。

柴胡桂枝乾姜湯の組成や効能について

組成

柴胡12桂枝9乾姜6栝蔞根12黄芩9牡蛎6炙甘草6

効能

和解少陽・通陽化飲

主治

少陽病・水飲停滞

通陽化飲:陽気を温通することによって、水飲の停滞を除去する治法である。

水飲停滞:肝気鬱滞の影響によって津液の流れが悪くなり、留まって水飲となる。

解説

柴胡桂枝乾姜湯は津液の停滞(水飲)をともなっている肝胆病に用いる処方である。和解少陽の作用によって肝胆病を改善し、温陽化飲の作用によって停滞している水液を運化させる。

適応症状

◇寒熱往来

胸脇微満・心煩:邪気が少陽経(身体両脇部)に侵入したために生じる少陽証の代表的な症状である。

◇小便不利

水飲の内停によって生じる症状である。三焦は胆と同じく少陽経に属し、水液を運化する通路とされており、三焦の経気が滞ると水液の流れが阻害され停滞する。

◇苔薄膩

水飲の停滞を示す舌苔である。

◇脈弦やや滑

弦脈は少陽証を示す。滑脈は水飲が多いことを示す。

柴胡桂枝乾姜湯は水飲の停滞をともなう少陽証に用いる処方である。しかし、少陽証の代表方剤である「柴胡湯」から、次の3薬を除去している。人参、大棗の補気作用は滞る性質があり、水飲の停滞を助長するおそれがあるため除去する。悪心など胃気上逆の症状はないので半夏を除去する。桂枝と乾姜は温性薬で、陰邪に属する水飲を温めながら運化する。栝蔞根は別名天花粉ともいい、体内にとって有益な津液を生み、黄芩などの清熱作用を増強させる作用がある。牡蛎は軟堅散結(堅いものを軟らかくする)作用に優れ頑固な水飲停滞を除去する。

臨床応用

◇感冒

小便不利、舌苔腻、脈濡滑など水湿停滞の症状をともなう感冒に適している。天花粉、黄芩は肺の熱邪を清し、咳を止める作用もあるので、痰、咳などの症状にも用いられる。

表寒の症状(悪寒、発熱、頭痛)が強いとき+「葛根湯」(辛温解表)

表湿の症状(頭重、悪心、苔膩)が強いとき+「藿香正気散」(芳香解表、化湿)

◇肝炎

肝炎にみられる脇痛、口苦、腹脹、腹瀉など肝鬱脾虚(肝脾不和)の症状に用いる。柴胡、黄芩で肝熱を除去し、桂枝・甘草・乾姜で脾虚を温補する、そして、牡蛎で肝の肥大を軟堅散結する。慢性肝炎に適している。

顔色が暗い、舌暗など肝鬱血瘀の症状があるとき+「加味逍遥散」(舒肝、養血活血)

または+「桂枝茯苓丸」(活血化瘀)

◇胃炎

慢性胃炎に肝鬱、胃虚、脾水の症状がみられるときは、疏肝化飲作用のある本方剤を配合することがある。ストレスなどにより腹脹、腹瀉の肝鬱症状が生じた場合に適する。

◇神経症

柴胡の疏肝作用、桂枝の温通心陽作用、牡蛎の鎮驚安神〔薬性の重で驚きや不安感を鎮める〕作用があるので、動悸、不眠、イライラ、ビクビクなどの神経症状にも効果がある。

心煩をともなうとき+「酸棗仁湯」(養血安神)

イライラが強いとき+「加味逍遥散」(舒肝解鬱)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る