menu

冷え性は予防できる!3つの体質別セルフケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

手足が冷えて辛い、冷えてお腹が痛くなるなどの冷え性を、体質だからと諦めていませんか?冷え性は生活習慣や食習慣に原因があることも多く、それらを見直すことで予防することも可能です。冷え性を予防するには、どんなことに気をつければよいのでしょうか?

この記事では冷え性の予防に役立つセルフケア、生活習慣の見直しのポイントなどを紹介していきます。

冷え性の予防は「気血水」に注目しよう

西洋医学においては冷え性の原因を血行不良や自律神経のバランスの乱れとして捉えますが、東洋医学では「気血水」の流れの異常として捉えます。具体的には「気」が足りない場合(気虚)や、「血」の巡りが滞っている場合(血瘀)、「水」が溜まっている状態(痰湿)などが原因となって冷え性を引き起こします。

それぞれの状態によって予防法も異なるので、自分の体質や状態をチェックしてみましょう。合わせて予防法もご紹介します。

エネルギー不足の「気虚」タイプ

気とは目には見えない生命の原動力で、言い換えるならばエネルギーのような働きを持っています。「血」や「水」を十分に身体に巡らせるのにも「気」の持つエネルギーが関係しています。「気」には生まれ持った先天の気と、生活の中で得られた後天の気があります。後者の方は、太陽などの環境や食品などから得ることができます。

この「気」が不足しているタイプを「気虚」といいます。

「気」が不足するのには、過労、睡眠不足、朝食抜きの生活、消耗などが原因に考えられます。

<体質チェック>

・疲れやすい

・寒がりである

・声が小さい

・すぐに息切れする

・食後に眠くなる

予防法

気を高めるために朝食はしっかり食べることが大切です。朝ごはんを抜いている人は、少しでも良いので食べるようにする習慣を作りましょう。また、「氣」という漢字にも含まれるようにお米は気を作る元になり、特にうるちの玄米は「粳米」(こうべい)といって漢方薬にも配合されているので進んで食べるようにすると元気が出ます。体を温める食べ物を摂るようにして、逆に体を冷やす食べ物は避けように意識することも大事です。

また、頑張りすぎや消耗の激しい運動も気を不足させます。疲れたときはしっかり休むことも大切です。

 

血の巡りが悪い「血瘀」タイプ

西洋医学において「血」というと酸素や栄養素などを全身に巡らせる体液であり、人間の生命維持に欠かせない存在です。東洋医学においても「血」の概念は似ていて、全身に栄養を巡らせて、うるおすことが役目であると捉えられています。この「血」は全身に滞りなく巡っているのが理想的な状態ですが、どこかに滞りが起きている状態を「血瘀」といいます。

「血」の巡りが悪くなる原因としては、ストレスと冷えが挙げられます。

<体質チェック>

・目の下にクマができやすい

・冷えのぼせが起こりやすい

・肩こりや頭痛が起こりやすい

・あざができやすい

・月経の時にレバー状の塊が出る

予防法

血の巡りが悪くなる原因は冷えが関わっていることが多いため、冷房は控えめにし、腰回りを冷やさないように腹巻きなどを使うのも良いでしょう。また、同じ姿勢を続けるのは避けて、こまめにストレッチなどの運動をすることで血液の巡りを促しましょう。足腰の血行を良くするために腰回しなどもおすすめです。

食べ物では血の巡りを良くする香味野菜のニンニクやらっきょうなどを積極的に摂ると良いでしょう。

水が溜まっている「痰湿」タイプ

「水」とは体内にある水分のことをいい、各臓器から分泌される分泌物なども含まれます。「水」は全身を潤すことが役目です。また、血の材料にもなるため人間にとって欠かせない構成要素です。「水」は全身に分布することで、潤いと栄養を与えています。この「水」の流れが部分的に滞っていたり、流れが悪くなって溜まっている状態を「痰湿」といいます。

「痰湿」の原因としては、体の冷えや、水分の摂りすぎ、湿気の多い環境などが関係します。

<体質チェック>

・体が重くだるい

・下半身が冷える

・吐き気やめまいが起こりやすい

・鼻水や鼻づまりがある

・胃腸がぽちゃぽちゃいう

予防法

身体に余分な水分が溜まっている状態なので、水分の発散を促す運動を取り入れましょう。激しい運動ではなく、額にじんわり汗をかく程度の運動がおすすめです。しっかりと入浴する時間を確保することも大切です。また、水分の摂りすぎには注意し、喉が乾いた時でもガブガブと飲むのではなく、少しずつ飲むようにしましょう。

食べ物では、水分代謝を促す作用を持つ小豆などのマメ科の植物や冬瓜などのウリ科の野菜などがおすすめです。またトウモロコシ茶やはと麦茶などをお水の代わりとして飲むのも良いでしょう。はと麦やトウモロコシのひげの部分には利尿作用があり、漢方薬としても使われています。ただしウリ科の野菜など、水分を排泄する作用のある食材の多くは体の熱を冷ます寒性~涼性のものも多いので、冷えのある人は生姜やコショウなど体を温める調味料を利用して食性を和らげるとよいでしょう。

冷え性は深刻になる前に予防して解消しよう!

冷え性は手足が冷えるだけ、寒いだけだからといって放置していると、病気を引き起こす原因にもなる可能性があることから軽視してはいけません。積極的に予防して冷えが深刻化する前に対処していくことが大切です。

冷えを予防するには体を温めることはもちろんですが、その原因に向き合うことが欠かせません。冷えの状態や体質などによって予防法は変わります。自分の状態と冷えの原因を見ながら、適した予防法を取り入れていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. おすすめ漢方判定フォーム

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る