menu

冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

舌でわかる!冷え性体質チェック

ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいたときなどに舌が荒れるなどの経験はあ りませんか?漢方では、「舌は内臓の鏡」といわ れています。消化器の不調、冷えや血のめぐりの悪さなど、さまざまな情報が舌に隠されているのです。舌で体の状態を診断する「診」とい う診察法があるほど。舌は、体調を反映して毎日微妙に変化しています。舌をチェックすれば、体が冷えているか、そして、冷えの 原因は何かといったことかまで、ある程度わかるようになります。その見方、そして冷え性体質の人の為の対処法について書かせていただきます。

 

冷え性体質を舌で確認する

舌の見方は2/3くらいまでを、飲んだり食べたりする前、コケなどをとらないでチェックする事を心がけましょう。舌をべーっと数秒間出し、素早くチェックします。この時力を入れたり、丸めたりしてしまうと本来の色が分かりにくくなってしまいます。飲んだり食べたりした後は、舌に色がついたり、コケがはがれたりすることもあるので、食事する前に見るのがコツ。出来れば朝のお化粧タイムなど、毎日同じくらいの時間にチェックすると、日々の変化がわかりやすくなります。

紫色っぽい

これは血のめぐりの悪さによる冷え性体質の方の舌です。

特徴として、一部に紫や茶の斑点がある。裏側の静脈が蛇行し、枝分かれしている。という事が挙げられ

色は紫色っぽい~暗紅色を指します。

腰や足首など、下半身の一部がいつも冷えている。生理痛がひどい。月経周期が遅れがちで、生理中~終り頃まで冷えるといった特徴があります。

 

白っぽく歯形のある

新陳代謝が悪くなるタイプの冷え性の方の舌はこちら。

白っぽく歯形のある舌が特徴です。

淡いピンク色~白っぽい色で

形は口角からはみ出すほど大きく弾力が無いのが特徴です。

寒がりで、冷房に極端に弱く、一度冷えるとなかなか温まらない

また、疲れやすく、元気がないといった冷え性の方が多いです。

 

コケの厚い

水分代謝が悪くて冷え性になるコケの厚い舌

舌の中央部分に白いコケがべったりついているのが特徴で

色は淡いピンク色で正常に近いです。

形は大きめでぶよぶよしている。

こんな方は、下半身が冷えてむくむ

汗はあまりかかない

冷たいものを良く飲むといった冷え性の方が多いです。

タイプ別冷え性対処方法

紫色っぽい

このタイプは、下半身がとくに冷え性のポイントです、服装にも充分な注意を。素足にサンダルなどは避け、靴下をちゃんとはくようにしましょう。デスクワークの人は、足もとには青竹やゴルフボールなどを用意しておき、ときどき踏むようにすると、血のめぐりがよくなって体も温まりやすくなります。冷房のきいた部屋で過ごす人には、ひざ掛けが必須です。
デスクワーク中心で、ふだんあまり体を動かさない人に多いのがこのタイプ。血行が悪くなっているため、手足の先が冷たく、太ももの内側、足首、おしり、腰など、いつも同じ場所が冷えます。活には、紫色や茶色の斑点があり、全体的に紫っぽい色をしています。
唇や肌にシミができることも。舌の裏側を見ると、静脈が目立ち、蛇行して枝分かれしているように見えるのも大きな特徴です。生理痛がひどい、肩こりや頭痛がひどい、生理が遅れがち、月経血にレバー状のかたまりがある、生理中や生理が終わるころにとくに冷える、といった症状を伴うことも。

食べ方

体を冷やさないためには、一年を通じてできるだけ温かいものを。そして、春・夏・秋・冬と旬の野菜をたっぷりとりましょう。夏野菜には体を冷やすものが多いので、しょうがやにんにく、こしょう、シナモン、唐辛子、わさび、山概、カレー粉など、体を温めてくれる香辛料を上手に使うと冷え性改善の為によいでしょう。

効果的な漢方薬、お茶

当帰芍薬散

血行をよくし、体を温めてくれる漢方薬。痛みを

やわらげる作用もあるので婦人科系のトラブルにも出番が多い薬です。

お茶はこのタイプの場合、熱めのお茶を飲むのも、冷え性防止に効果的。体を温めて血行をよくするローズティーやしょうが茶、スパイシーなチャイ、あるいは、ハイビスカスやローズヒップなどのお茶が冷え性改善におすすめです。

エクササイズ

血行の悪さからくる冷え性には、体を動かして血行をよくするのがー番。昼間のオフィスでも、座りっばなしになるのを極力避け、1時間に一度は歩くようにして。気軽にできるストレッチとしては、デスクの下で足首を上下する方法がおすすめ。足の先を動かすことで、全身の血のめぐりがよくなります。

白っぽく歯形のある

このタイプの人は、冷え症という自覚がある二人が多く、寒いのがとても苦手。いったん冷えると、お風呂に入ってもなかなか体が温まりません。そのため、夏は冷房がなくても過ごせるほどですが、暑さに特別強いわけではありません。ほとんどの人が快適と感じる程度の冷房でも、すぐにくしやみが出たり、気分が悪くなった匹します。温度の変化に弱いので、空調のきいた部屋から外に出たときに、寒暖の差があると立ちくらみを起こすことも。ほかに、疲れやすい、風邪をひきやすい、食が細い、だるい、体温が低いといった症状もあります。

食べ方

このタイプの冷え性の方は、胃腸からくることが多いので、消化・吸収機能を低下させる冷たいものや生ものは避け、消化がよく温かいものを中心とした食生活にしましよう。とくに胃腸の働きを高め、代謝を上げる穀類や豆類はしっかりとって。ご飯を主食に、温野菜中心のおかずと汁ものをプラスした和風の献立が冷え性改善にー番のおすすめです。

効果的な漢方薬、お茶

補中益気湯

不足しているエネルギーをチャージし、胃腸の働きを活発にしてくれる漢方薬。いつも手足が冷たく、元気が出ない冷え性の人にぴったりです。

お茶は麦茶や黒豆茶、そば茶など、穀類や豆類を使ったものがおすすめです。とくに、黒豆茶は体を温める作用もあるので、常備しておくとよいでしょう。外出先でも冷たいお茶はできるだけ避け、紅茶のように温める作用を持つものを頼みましよう。

エクササイズ

体のエネルギーが不足して冷えるこのタイプにおすすめなのが、手足をぶらぶらさせるエクササイズ。お風呂に入っているときや、椅子に腰かけているときなど、肩の力を抜いて、手足をぶらぶらさせるだけ。気功の動きのひとつで、エネルギーを奮い起こす作用があります。

消化器の機能を整える「足の三里」をもむのもおすすめ。ひざの皿の外側のくぼみから指3本分下にあるツボです。

また、外食やパーティで、冷たいものしか食べられないとき、あるいは、のどが渇いたのに、温かいお茶が手に入らないときもあるでしょう。そんなときのために、せひ使い切りカイロをバッグに忍ばせて。へそにある「神闘」というツボと、へそから指4本分上の「中脱」というツボに、10分ほどカイロを貼ります。余裕があれは、その力イロを中腕の裏側(背中)と、腰に貼るとなお効果的。胃腸の冷え性を予防する効果が期待できます。

コケの厚い

もともと冒腸が丈夫でない人や、冷たいものをとりすぎている人に多いのがこのタイプ。水分代謝が悪く、取り入れた水分をきちんと吸収・排池できないため、体に余分な水分がたまっている状態です。ふだんは健康な人でも、胃腸が弱っているときに、冷たいものをがぶがぶ飲みつづけると、このタイプの症状があらわれることがあります。舌はぶよぶよと柔らかく、白いコケが厚くついています。朝起きたときなど、口の中がねばねばして気持ち悪いと感じることも。湿気の多い日はとくに調子が悪く、雨が降ると冷え性になり下痴をすることもあります。下半身のむくみと冷え性が同時にあらわれるのも大きな特徴です。

食べ方

水分代謝の悪いこのタイプがいちばん気をつけなければいけないのが、冷たいもののとりすぎ。ミネラルウォーターを抱えてつねにのどをうるおす、という欧米式の水分補給法はNGです。水分は、のどが渇いてからとる、それも、常温か温かい飲み物をちびちびと飲むのがベストです。

また、食事にも水分代謝を促す食材をたっぷり加えて。小豆、大豆、緑豆などの豆類や、納豆、豆乳などの大豆加工食品、ところてん、寒天、わかめ、昆布などの海藻類、きゅうり、にがうり、ズッキーニなどのウリ科の野菜には、体の余分な水分を取り除く作用があります。ただし、冷やすものが多いので、しょうがやにんにく、唐辛子、からし、わさびなど、温める作用のある香辛料と合わせて食ベるようにして冷え性を改善しましょう。

効果的な漢方薬、お茶

五苓散

体の中にたまった余分な水分を取り除く作用にすぐれた漢方薬です。冷たいものの飲みすぎによる夏冷えやむくみ、噛吐や下痴などに。

どうせ飲むのなら、水ではなく利尿作用が期待できるお茶を。社仲茶、黒豆茶、小豆茶、コーン茶、はと麦茶などが冷え性の改善んにおすすめです。

エクササイズ

体内の余分な水分は下半身にたまりやすいため、ふくらはぎがむくんだり冷えたりします。ー日に一度、足を上にあげて運動すると、水分代謝がよくなって、むくみや冷え性の症状が起こりにくくなってきます。まず、あおむけに寝て両足を高く上げます。さらに、左右に脚を開いたり、前後に倒したりする動きを5回以上繰り返しましよう。余裕があれば、両手を合わせて伸びをするようなストレッチを組み合わせましょう。

冷え性改善基本の3カ条

冷え性の症状があらわれるのは、体に何かしらの不調が起こっている証拠といえます。「たかが冷え性くらい」と放っておきがちですが、放っておくと、さらに冷え性やがひどくなったり、だるさなどの不調や生理不順、生理痛、不妊など、婦人科系のトラブルをまねくことにもなりかねません。
軽い冷え性なら、食事や生活にちよつと気を配るだけで、撃退することも可能です。自分の冷え性のタイプに合わせて、今のうちに体を正常な状態に戻すよう心がけたいもの。まずは、だれにでもできる冷え性解消3カ条から取り入れていきましょう。

①朝食はしっかりとって冷え性改善

代謝を上げて、冷えを改善するポイントは、朝食をきちんと食べること。とはいえ、朝は何かと忙しく、食欲がない人も多いでしょう。量は少なくてもよいので、代謝を上げるのに役立つ穀類をとるように心がけて。レトルトのおかゆなら準備も簡単で、おなかに収まりやすいはずです。どうしても時間がないときは、シリアルにかるく温めた豆乳をかけて食べるだけでも違います。

②湯ぶねにつかって冷え性改善

めんどうくさいから、湯ぶねには入らずにシャワーだけ、という人もいると思います。でも、冷え防止のためには、汗を流すだけでなく、湯ぶねで体のしんを温めることも大切です。日中体が冷えたときは、ぬるめの湯の半身浴で、じっくりと汗をかきましょう。汗をかきすぎたときや、湯あたりしやすい人は、ぬるめの湯に20分くらいつかるだけでも大丈夫です。

③温かいものを飲んで冷え性改善

のどが渇いているからと、冷たいペットボトルの飲み物をがぶがぶ飲んでいませんか?水分補給は大切ですが、冷たい飲み物は、おなかを冷やし、胃腸の消化・吸収機能を鈍らせてしまいます。せっかく水分をとったつもりでも、体にうまく吸収されず、ぼちゃぼちゃとおなかにたまったまま…ということに。のどが渇いたときには、温かいものか、せめて常温にもどしたものを少しずつ飲むようにしましょう。

あなたに適した漢方をピンポイントで探す

まだまだ馴染みの薄い漢方ですが、西洋医療では対応できない症状や、体に優しく副作用が起きにくいという事もあり、漢方外来が注目を集めてきています。漢方外来ではあなたの体質を漢方医が診察して、あなたに合った漢方を処方してくれます。

自宅での改善が難しい、もっと自分と向き合ってしっかりとした治療を受けたい。

そんな方に漢方外来をおすすめします。漢方外来に行けば保険が適用されて、薬局で漢方を購入する価格の何分の一かの価格でお求め頂く事が出来ますので興味がある方はぜひ体験してみてください。

まとめ

ここまで、自宅でできる冷え性の改善方法について、漢方的観点から書かせていただきました。あなたのお役に立ちそうな情報はありましたか?一般的な病院に行って薬を処方してもらう事が悪いわけではありませんが、人として、自然に近い形で改善出来るのであればそれに越したことはないと考えます。漢方はそのうちの一つの道として、自然に近い形の治療が特徴です。副作用にお悩みの方や、通常の薬で改善されなかった方はぜひ本ページを参考にして頂き、改善方法を実施して頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る