menu

手足の冷えや神経症状に四逆散(しぎゃくさん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「四逆散は手足の冷えや神経症状によく使われます」

処方のポイント

血行をよくする柴胡・枳実の組合せに、血液を補う芍薬、消化器を保護する甘草で構成自覚的には冷たく感じるものの、触ってみるとさほど冷えていない四肢の冷感に適応。動悸、尿量が少ない、またストレス性の下痢などの神経症付随症状にも応用。甘辛味。

四逆散が適用となる病名・病態

保険適応病名・病態

効果または効能

比較的体力のあるもので、大柴胡湯証と小柴胡湯証との中間証を表わすものの次の諸症:胆嚢炎、胆石症、胃炎、胃酸過多、胃潰瘍、鼻カタル、気管支炎、神経質、ヒステリー。

漢方的適応病態

1)肝気鬱結・肝脾不和。すなわち、ゆううつ感、情緒不安定、いらいら、ヒステリックな反応、ため息が多い、胸苦しい、胸のつかえ、胸脇部が脹って苦しい(胸脇苦満)、腹が脹る、食欲がない、悪心、便秘と下痢が交互に来る、排便しても後に残る、便が切れ切れあるいは細い、頻尿などの症候。女性は、月経周期が一定しない、月経痛、あるいは無月経、月経月の乳房の緊満感など。

2)熱厥。すなわち、発熱、身体の熱感、胸脇部が脹って痛い、腹痛、下痢、口が苦い、悪心などに伴い、軽度の四肢の冷えがみられる。

四逆散の組成や効能について

組成

柴胡6枳実6芍薬6炙甘草

効能

疏肝理脾・清熱通鬱

主治

肝鬱脾滞・熱厥

 〇疏肝理脾:肝と脾の気機を疏通させて、肝脾失調の病態を改善する治法である。

 〇清熱通鬱:邪気を外へ追い払い、鬱している陽気を解き放つ治法である。

 〇熱厥:「陽厥」ともいう。厥とは手足の冷えを意味するが、熱邪に起因する冷えの程度は強いも     のではなく、「四逆湯」証のように肘・膝を越えることはない。手足に暫く触れていると、熱感が感じられることもある。

解説

四逆散は「傷寒論」の少陰病証に分類され、四肢厥冷に用いる処方である。本処方の四肢厥冷は、肝気カ鬱結して気機不通となり、陽気が抑圧され四肢末端に至噠できない症状である。陽が虚して陰寒が盛んになった「四逆湯」証の寒厥とは病因が根本的に異なっている。

適応症状

◇手足厥冷

肝気が鬱滞して気の昇降出入が乱れると、陽気が四肢に充分に流れないため生じる症状である。しかし、その程度は「厥逆」より軽い。

◇脘腹脹痛

肝気鬱結によって疏泄機能が失調すると、脾胃の昇降機能にも影響力汲ぶ。肝および脾胃の気滞によって「不通則痛」となり疼痛姓じる。肝気鬱結の疼痛は両脇に、胃気停滞の疼痛は胃脘部に、脾氣停滞の疼痛は腹部に現れることが多い。いずれも、気滞による疼痛なので脹痛感があり、情緒の変化などによって症状が悪化する特徴をもっている。

◇煩熱

陽気と熱邪が体内に鬱しているため、イライラして、熱感を訴える。

◇食欲不振

肝気の鬱結によって、脾胃の運化作用力牴下した症状である。

◇下痢あるいは便秘

脾の運化機能が失調し、昇淸できなくなると下痢の症状が現れる。胃腸の熱邪が津液を損傷すると便秘となる。

◇舌紅・苔黄

体内に熱が存在することを示す舌象である。

◇脈弦数

病位は肝・脾・胃の3臓腑にあるが、肝鬱気滞が主病因であるため、肝を代表する弦脈がみられる。数脈は病邪の性質が熱であることを示す。

柴胡(疏肝)と白芍薬(斂肝)の組み合わせは-散一収の働きによって肝の機能を調節し、肝気鬱結を解決でき、ともに本方の主薬である。肝気鬱結から生じる脾気の壅滞は、柴胡によって昇提し、苦味の枳実によって破気瀉滞(気の停滞を強く下へ通導する)する。この昇と降の作用(一昇一降)の組み合わせによって中焦の運化作用を促進できる。芍薬と甘草は「芍薬甘草湯1の組成でもあり、肝鬱気滞による疼痛に効果がある。本処方の4薬の使用量は各等分となっているが、臨床症状によって量を加減することが考えられる。

 〇腹脹胃満:甘草を減量

 〇疼痛が激しい:芍薬を増量

 〇虚弱体質:枳実を減量

臨床応用

◇肝鬱脾滞

脇脹、脇痛などの肝鬱気滞症状と、腹痛、腹瀉などの脾滞の症状(ストレスからくる下痢など)に適している。手足の厥冷がなくても用いてよい。

◇疼痛

気滞の痛みに幅広く使用できる。例えば胸痛、肋間神痛、胃痛、腹痛、生理痛などの疼痛疾患に併用するとよい。ただし、主要病因を明確にした上で本治の方剤と併用しなければならない。

◇肝胆疾患

四逆散は疏通作用が強いので、慢性肝炎、胆囊炎などにみられる脹痛など鬱滞症状に適している。柴胡の清熱作用は口苦、舌紅、苔黄などの肝胆鬱熱症状にも効果がある。

  熱症状が強いとき+「茵陳蒿湯」(清熱利湿)

                 または+「大柴胡湯」(清熱通便)

◇胃腸疾患

胃腸の気滞によって生じた下痢、腹痛に使用できる。特に裏急後重の症状に使用しやすい

◇生理不順

疏肝解鬱の作用によって、生理を調節できる。疏肝活血の作用を増強したいときは「柴胡疏肝散」(疏肝行気、活血止痛)に変方する。

 生理痛、浮腫の症状があるとき+「当帰芍薬散」(養血疏肝、健脾渗湿)

注意事項

①四逆散は穏やかで副作用が少ないが、新証に用いてはならない。

②理気薬は薬性が燥で译啵を損傷しやすいので、陰津不足のときには慎重に用いなければならない。

ストレスによる体調不良に効く

消化器、呼吸器など広範囲の疾患に使用

ストレスの多い時代である。ストレスが原因で体調を崩したという人が毎日のように薬局を訪れる。うつ病や自律神経失調症、心身症、不眠症など精神面の疾患だけでなく、神経性胃炎や潰瘍、逆流性食道炎、過敏性腸症候群など消化器系疾患、喘息など呼吸器系、アトピ性皮膚炎や多汗症など皮膚科系、月経不順など婦人科系、高血圧、心疾患、性機能障害など、身体面の疾患も多い。イライラしやすい、めまい、頭痛などの症状も表れる。ストレスに苦しむ現代人は少なくない。

ストレスが生じる原因は身近にもある。コンクリートに囲まれて自然との触れ合いが極端に少ない生活環境、効率やスピード重視で忙し過ぎる生活リズム、パソコンや携帯電話の普及で昼夜の別なく仕事に追われる日々、複雑な人間関係から生まれる重圧。努力をしても報われず解決しない問題が次々と湧いてくる時代だ。

実際、うつ病患者はここ9年間で22.4倍に増えた「ストレスをためないようにすればいい」と言うのは簡単だが、世の中、上手にストレスを発散できる器用な人ばかりではない。

そんなストレスを抱えた人たちに、四逆散が役に立つ。

どんな人に効きますか

四逆散は、「肝気鬱結(かんきうっけつ)」証を改善する代表的な処方である。この証は、精神情緒や血流の調整をつかさどる五臓の「肝」の気が停滞している体質や状態を指す。精神的なストレスや過度の緊張、情緒変動などにより自律神経が失調しやすい体質といえ誰でもストレスや緊張で、ドキドキしたり汗をかいたり食欲がなくなったりするが、この証の人は影響が及ぶ範囲が広く深く、精神情緒だけでなく、消化器系、呼吸器系、循環器系、内分泌系などにも及ぶ。

まず気の流れが滞ると、憂鬱感、情緒不安定、イライラ、ため息がよく出る、怒りっぽい、胸苦しい、肩こりなどの症状が表れやすい。また陽気が四肢の末端まで通わなくなるので手足が冷える。その分、体がややほてる場合もある。気の失調が肺に及べば咳が出る。心臓に及べば動悸が生じる。胃腸に至れば腹痛が生じ、おなかが張る、食欲不振などの症状も出る。婦人科系なら月経不順、月経痛、月経前症候群が生じ、さらに膀胱神経症、尿量減少、頻尿、むくみ、鼻炎などが起こることもある。舌は一般に赤みがかっている。

特に消化吸収機能が失調している場合は、「肝脾不和(かんぴふわ)」証と呼ぶ。「脾」は五臓の一つで、消化吸収をつかさどる。この証の場合、胃腸の蠕動運動が失調したり平滑筋が痙攣したりして、ガスの停滞、腹部膨満感、胸脇部が張って苦しい、おなかが鳴る、軟便、下痢、便秘と下痢の繰り返し、すっきり排便しない、便が細い、切れ切れの便が出る、などの症状が生じる。緊張や不安のたびに一日に何度でも症状が表れることも多い。

肝気鬱結とともに炎症が存在する場合も少なくない。肝炎や胆嚢炎、胆管炎、胆石などがみられる。炎症による疼痛で末梢血管が収縮し、なおさら手足の冷えが生じやすい。

上記以外にも、不安神経症、強迫神経症、パニック障害などの神経症、更年期障害、胃酸過多、甲状腺腫、神経痛などもみられる。

四逆散は、とにかくストレスで体調を崩し、こうした病気や症状に悩む患者さんに対して応用範囲の広い処方である。

どんな処方ですか

配合生薬は、柴胡、芍薬、枳実(きじつ)、甘草の四味である。

君薬の柴胡は肝気鬱結を解いて気を流す。この作用を疏肝解鬱(そかんげうつ)という。イライラ、憂鬱感などを緩和する。消炎解熱作用もあり、炎症の熱をさばく。臣薬の芍薬は筋肉の痙攣や緊張を緩和する。君薬との配合で疏肝解鬱作用が強まる。肝を養う力も強い。佐薬は枳実であり、気を開き巡らせる理気薬として胃腸の蠕動運動を調整し、さらに痙攣を緩める。使薬の甘草は君臣佐薬を調和しつつ胃腸機能を守り、急迫症状を緩和する。

緊張すると肩に力が入り、体が硬くこわばるものである。こういうとき、体内でも同じようにきゅっと緊張して縮む現象が起こる。胃がきゅっと縮むと胃痛になり、大腸が縮むと痙攣性の便秘や過敏性腸症候群になる。気管支が収縮すると咳や喘息が起こり、膀胱が縮めば頻尿や排尿障害が起こる。このようにきゅっと緊張して硬くなった動きを和らげるのが、四逆散である。

柴胡と芍薬は最強の疏肝解鬱コンビ。大柴胡湯にも同じ配合がある。さらに当帰を配合すると月経不順にも効果的で、加味逍遙散にみられる組み合わせとなる。芍薬と甘草の組み合わせは芍薬甘草湯そのものであり、平滑筋の緊張を和らげ、強い鎮痛・鎮痙作用を表す柴胡と枳実の配合は、精神的ストレスを緩める効果が強い。芍薬と枳実の組み合わせは気血を流し、筋肉の痙攣と疼痛を緩和する。以上、四逆散の効能を「疏肝解鬱・理気止痛」という。

動悸が気になる場合は桂枝加竜骨牡蛎湯を合わせる。イライラや情緒不安定とともに疲れやすさを訴える人には六君子湯を合わせる。胃のつかえや痛み、食欲不振が強ければ半夏厚朴湯を併用する。炎症が強く発熱している場合は黄連解毒湯と合わせるか、大柴胡湯を検討する。

こんな患者さんに

〇ここ数年、脇腹がときどき張った感じで痛くなります。

みぞおちの辺りまで、あるいは背中にかけて痛むこともあります。検査をしましたが、肝臓、胆嚢、膵臓などに異常はありません

痛みはストレスや緊張とともに強まる。リラックスできると和らぐ。このところ怒りっぽく、イライラと部下に当たることが増えた。ため息をよくつくようになったと妻に言われる。

典型的な肝気鬱結証である。四逆散を服用してもらった。吐き気が強いときは小柴胡湯に変えるなどして、4カ月ほどで症状はすっかり治まった。

炎症があるようなら最初から小柴胡湯や大柴胡湯がいい。

 

〇緊張やストレスで、すぐ下痢をします。病院に行くと、神経性の下痢、あるいは過敏性腸症候群だと言われます。

子どもの頃から神経質な方です。

 

〇普段から下痢っぽいわけではないが、ストレスに弱い。下痢だけでなく、お腹にガスがたまって張ったり、ゴロゴロと音がしたりする。排便後に残便感がある。

この人は肝脾不和証。ストレスで肝気が滞り、脾の機能を乱している。四逆散を半年ほど服用してもらって治療した。この病態が続くと次第に脾気虚証になり、慢性的な軟便や下痢になる。その場合は六君子湯がいい。

用語解説

1)『患者調査』(2008年)厚生労働省より引用

2)気の流れが停滞している証を「気滞」という。肝気鬱結は気滞の一種。「気は血の帥(すい)、血は気の母」という気血の関係から、気滞になると血の流れも悪くなりやすく、「血瘀(けつお)」証を併発しやすい。これを「気滞血瘀」という血行障害と機能停滞が同時に起こっている状態で、婦人科系疾患や消化器の潰瘍でみられやすい。

3)肝脾不和の場合、おなかの下の方で症状が出やすい。もし吐き気、げっぷ、みぞおち辺りの膨満感や痛みなど上の方での症状が多い場合は、六腑の「胃」の機能失調なので「肝胃不和」証となる。大柴胡湯や呉茱萸湯が適している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る