menu

かゆみを伴う皮膚炎等には消風散(しょうふうさん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「消風散はじゅくじゅくしたアトピー性皮膚炎によく使われます」

処方のポイント

皮膚表面の熱を下げる荊芥・防風・牛蒡子、止痒効果のある蝉退を中心に、水分の停滞を解消する木通、蒼朮、体内に入り込んだ熱を下げる知母・苦参、石膏、皮膚の潤いを確保する当帰・地黄・胡麻、消化器を保護する甘草で構成。浸出液とかゆみを伴う皮膚炎等に適応。甘辛味。

消風散が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

分泌物が多く、かゆみの強い慢性の皮膚病(湿疹、蕁麻疹、水虫、あせも、皮膚そう痒症)。

漢方的適応病態

風湿熱の皮疹。すなわち、かゆみが強い(夜間に増悪する傾向がある)、局所の発赤と熱感、浸出液が多いあるいは水泡形成、体のほてりや熱感、口渇などがみられる。

消風散の組成や効能について

組成

荊芥3防風3牛蒡子3蝉退3蒼朮3苦参3木通2石膏3知母3当帰3生地黄3胡麻仁3生甘草2

効能

疏風養血・清熱利湿

主治

血虚風燥・湿熱内蘊

疏風養血:風邪を発散すると同時に、体内の陰血を養う治法である。陰血が充たされれば、陽邪である風も容易に鎮まる

清熱利湿:熱邪と湿邪を同時に除去する治法である。

血虚風燥:皮膚疾患、特に瘙痒症状が現れる病態を示す陰血が不足すると体内に内風(陽邪)が生じ、動き回ることがある。また血虚に乗じて、外の風邪も容易に体内に侵入してくる。いわゆる「血虚風盛」の状態である。

湿熱内蘊:湿邪と熱邪が体内に停滞する病証を示す。本方が対象とするのは皮膚と筋肉に温熱が蘊結したものである。

解説

消風散は風邪に起因する皮膚疾患に用いる処方である。風邪を消散する効能があるので「消風散」と名付けられた。

適応症状

皮膚瘙痒

「風惑んなればすなわち痒し」とあるように、風邪が皮膚や筋肉に侵入すると、皮膚の瘙痒瓏状が現れる。体内に湿と熱が潜伏している場合には、これが侵入した風邪と一緒に入り混じって、皮膚、筋肉に鬱滞し、瘙痒症状がさらに悪化する。

皮膚潮紅

熱邪の存在を示す熱邪が血分に深く侵入すると、皮膚の赤味が強くなる。

発疹が出たり消えたりする

外からの風邪、あるいは陰血の不足によって生じた内風と湿熱が、皮膚・筋肉に鬱滞すると発疹する。

「風は善く行き、しばしば変ずる」特徴があるため、発疹は出たり消えたりする。

皮膚湿潤

湿邪が多いと、搔いたあとに渗出物が多く、ジュクジュクする。

舌紅

苔白あるいは黄:熱が深く侵入している場合は紅舌と黄苔がみられ湿が多いときには白苔がみられる。

脈浮数有力

病位が体表にあるため浮脈がみられ、熱邪が多いので数脈、虚弱症状が少ないので有力の脈象がみられる。

消風散は去風・利湿・清熱・養血など各作用を備えている。荊芥、防風、牛蒡子、蟬退は疏風薬である。「痒は風よりおこる、止痒するにはまず疏虱すべし」とあるように、痒みを鎮めるためには風邪の発散を先行させる。荊芥と防風はともに風薬の代表で、荊芥には発疹の原因となる風毒をさっぱりと体外へ追い出し、順調に発疹させる作用がある。牛蒡子と蟬退も疏風作用があるが、荊芥、防風にくらべれば弱い。薬性が辛凉なので、皮膚、筋肉に潜んでいる熱毒、特に風熱の邪気を体外へ発散するのに適している。牛蒡子は清熱解毒作用が強く、蟬退は皮膚の搔痒を止める作用が強い。蒼朮、苦参、木通は利湿薬である。蒼朮は薬性が温で、去湿作用に優れ体表の外湿と体内の内湿を除去することができる。特に皮膚のジュクジュクしている湿疹によく使用される。古参は薬性が寒で清熱燥湿作用をもち、皮膚病の専門薬である。らい病にも使えるといわれている。特に湿热毒による皮膚の滲出物と瘙痒感を治療できる。木通は滲湿利水作用が強く、体内の湿邪を下から除去する。薬名のように「通」の特徴があり、特に血脈を通じさせ局部の血行を改善して、皮膚機能の回復を助ける。石膏、知母は強い清熱薬で、筋肉深部の熱邪を除去して、局部や全身の熱感、皮膚の赤味を治療する。当帰、生地黄、胡麻仁は血分薬である。本方に血分薬を配合するのは次の理由による

①熱邪が体内の陰血を損傷することが多い

②熱邪が深入して血熱になると、血行が阻害され瘀血を発生する。

③木通、苦参、蒼朮、防風などの去風利湿薬は陰血を損傷する恐れがある。

④血が虚すと風ー邘が容易に侵入して、皮膚症状をさらに悪化させる。3薬はともに体内の陰血を養い、さらに当㷌は活血作用によって瘀血を取り除き、局部の腫れ、疼痛を治療する。生地黄は清熱凉血作用によって血分の熱を清す。胡麻仁は潤いが多く皮膚の乾燥症状を改善し、また通便する。甘草は諸薬を調和するほか、甘味で他の苦薬を緩和し、さらに生の甘草は清熱解毒作用を発揮する。

臨床応用

皮膚疾患

湿疹、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、神経性皮膚炎、皮膚瘙痒症、薬物性皮膚炎などに使われる。各種の皮膚疾患に用いられるが疏風作用が突出しているので皮膚疾患初期の風盛による皮膚瘙痒に最も適している。

疏風のほか、清熱、利湿、養血などの作用もあるので、皮膚が赤い、滲出物がやや多い、あるいは逆に皮膚がやや乾燥しているなどの症状にも用いられる。服用をいやがる幼児の皮膚疾患には、本方を溶かして患部を洗う方法もある。

 皮膚に熱感があり、赤味が強い(熱毒)とき+「黄連解毒湯」(清熱解毒)

 皮膚の糜爛が強い(湿毒)とき+「竜胆瀉肝湯」(清熱利湿)

 皮膚の乾燥が強い(陰血不足)とき+「当帰飲子」(養血去風・止痒)

注意事項

消風散の服用期間中は、辛い物、油っこい物、濃いお茶、酒、魚介類は、発散の作用を弱めるため控えるようにする。

養血しつつ風湿熱を除去

湿疹、蕁麻疹など皮膚疾患に広く活用

 西洋医学では病名に従って処方を決めるのに対し、漢方では証(しょう:体質や病状)に合わせて処方を判断する。とはいえ、漢方薬にも、特定の分野の疾患にばかり使う処方がある。

 消風散は、そのような処方の一つ。ほとんどの場合、皮膚疾患に用いる。

どんな人に効きますか?

消風散は「風湿熱、風疹、湿疹」証を改善する処方である。

「風湿熱」は、風邪(ふうじゃ)と湿邪(しつじゃ)と熱邪(ねつじゃ)のこと。風邪は自然界の風により生じる現象に似た症候を引き起こす病邪で、風のように発病が急で、変化が多く、体表部や呼吸器を侵すことが多い。痒みが強い、患部があちらこちらと移動しやすい(遊走性)、患部が拡大しやすい、などの症候がみられやすい。

湿邪は自然界の湿気により生じる現象に似た症候を引き起こす病邪で、べっとりと湿っぽく、重く、経過がゆっくりで、体内に停滞しやすい水疱、滲出液などの症候がみられやすい。

熱邪は自然界の火熱により生じる現象に似た症状を引き起こす病邪で、勢いが激しく、熱証を表す。患部の発赤、熱感、炎症、化膿などがみられる。

これらの病邪について、漢方では、ウイルス・細菌・アレルゲンといった原因物質で判断するのではなく、上記のように、人体に表れる症状から病邪を判断している。従って、西洋医学的には同じ病名の病気でも、最初は風邪だったのが、途中から熱邪に変わる、などというケースもよくみられる。外部環境要因よりも人体側の状態を重視し

いるわけで、その結果、体質強化、体質改善、再発予防などの効果が漢方薬に備わっているものと思われる。

これらの病邪について、漢方では、ウイルス・細菌・アレルゲンといった原因物質で判断するのではなく、上記のように、人体に表れる症状から病邪を判断している。従って、西洋医学的には同じ病名の病気でも、最初は風邪だったのが、途中から熱邪に変わる、などというケースもよくみられる。外部環境要因よりも人体側の状態を重視しているわけで、その結果、体質強化、体質改善、再発予防などの効果が漢方薬に備わっているものと思われる。

漢方でいう「風疹」は、現代医学の蕁麻疹に相当するこの風疹や湿疹は、多くの場合、「風熱」や「湿熱」などの病邪が人体内で勢いを増したときに生じる。それらの病邪が血脈に染み込み、コントロールが効かなくなり、皮膚に達し、皮疹を発生させるのである。従って皮疹の色は赤く(熱邪)、痒みが強く(風邪)、滲出液が多い(湿邪)。痒みは夜、強くなりやすい。地図状に赤くなる場合も多い。蕁麻疹や湿疹でも、白いものや、熱感がないものに消風散は効かない。

皮疹以外には、ほてりや口渇も表れやすい。舌は赤く、舌苔は熱邪の勢いにより、白い場合と黄色い場合がある。

臨床応用範囲は、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、皮膚掻痒症、汗疱、白癬、その他各種湿疹や皮膚炎で、風湿熱、風疹、湿疹の症候を呈するものである。

判断ポイントは、痒みが強く(風邪)、じくじくした(湿邪)、赤い(湿邪)湿疹や蕁麻疹、という点。蕁麻疹やアトピー性皮膚炎であればどんな場合でも消風散が効く、というものではなく、痒みが強く、じくじくした赤い皮疹でないと、さすがの良方も効いてくれない。漢方では、病名ではなく、証の判断(弁証)が命である。病名投薬は避けたい。

どんな処方ですか?

配合生薬は、荊芥(けいがい)、防風、牛蒡子(ごぼうし)、蝉退(せんたい)、蒼朮(そうじゅつ)、苦参(くじん)、石膏、知母(ちも)、当帰(とうき)、地黄(じおう)、胡麻仁(ごまにん)、木通(もくつう)、甘草の十三味である。

君薬は荊芥、防風、牛蒡子、蝉退であり、いずれも体表部に存在する風邪を散らし(疏散[そさん])、痒みを止める(疏風止痒)。牛蒡子と蝉退には清熱作用もある(疏散風熱)。

基本的に、風邪のないところに痒みは生じない(無風不痒)。従って、痒みを治療する際は、まず風邪を除去する。風邪が消えれば、痒みは自然と治まる。本方の名前の所以(ゆえん)である。

臣薬は、蒼朮、苦参、木通。蒼朮は風邪を除去し、湿邪を乾燥させて取り除く(祛風燥湿[きょふうそうしつ」)。胃腸を守る働きもある(健脾)。苦参は熱邪を冷まし、燥湿する(清熱燥湿)。疏風止痒作用もある。木通も清熱燥湿し、湿熱をさばく。これら燥湿作用のある生薬の働きにより、湿邪を消退させる。

佐薬には、知母、石膏、当帰、地黄、胡麻仁が当たる。知母と石膏には、熱邪(火邪)を冷ます働きがある(清熱瀉火[せいねつしゃか])これにより、炎症による発赤や熱感を鎮める。当帰、地黄、胡麻仁は、身体を滋養し(養皿)、血流を調える(活血)。これにより、皮膚が養われ、潤う。皮疹が慢性化して皮膚が乾燥したり萎縮したりした場合(血虚)に役立つ配合である。

使薬の甘草は、諸薬の薬性を調和させつつ、化膿性の炎症など(熱毒)を除去する(清熱解毒)。

以上、消風散の効能を「疏風養血、清熱除湿」という。本方の配合の特徴は、痒みを止める疏風止痒薬を中心に、清熱薬や除湿薬、養血薬が配合されている点である。このコンビネーションにより、体質を強化しつつ、病邪を除去して、病気を根治していく(扶正祛邪[ふせいきょじゃ])。風湿熱邪がなくなり、血脈が調えば、痒みは自然と消える。

逆の見方をすれば、消風散は風邪を除去し、熱邪や湿邪も排除し、さらに養血もしてくれる、いわば欲張りな処方である。従って、疏風と除湿だけをしたくて養血はしたくない場合などには、いくら痒みが強い湿疹でも、本方を使わない。例えば、痒みが強いアトピー性皮膚炎に本方を使った結果、養血薬が作用しすぎて病態が悪化した、というケースなどがみられる。炎症に加えて、体の熱感や口の渇きなどの熱証が強ければ白虎湯を合わせて清熱瀉火の力を強める。皮疹に化膿がみられるなら黄連解毒湯を合方する。炎症よりも湿潤が強い場合は茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)、越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)などを併用する。乾燥傾向が強い場合は四物湯を加える。湿潤がない場合は当帰飲予(とうきいんし)などを検討する。

消風散服用中は、辛い物、生魚、たばこ、濃いお茶は、治療効果に影響を与えるので、控える。また本方は疏風除湿の力が強く、気と陰液を傷つけやすいので、気虚や陰虚には使わない。

こんな患者さんに

〇蕁麻疹に1年以上悩まされています。痒くてたまりません

膨疹は赤く隆起し、入浴や飲酒後に悪化する。風湿熟とみて本方を使用。1カ月で全治した。ストレス性なら四逆散、食物由来なら小柴胡湯、寒冷蕁麻疹なら桂麻各半湯などを用いる。

〇主婦湿疹です。手が熱く感じます

手指は赤く、ひび割れている。痒みを感じてかくと汁が出る。風湿熱の湿疹とみて本方を使用。少しずつ状態が良くなり、6カ月で治った。

用語解説

1)風邪、湿邪、熱邪は、いずれも病気の原因(病因)の一つ。自然界の現象に似た病因は6つあり、「六淫(ふくいん)」という。先の3つの他には、寒邪(かんじゃ)、暑邪(しょじゃ)、燥邪(そうじゃ)がある。病気には、湿度の高い季節に湿邪に侵されて発病するなど、外因との関連もあるが、人体側の抵抗力など内因との関係も大きく、最終的には人体に表れた反応などによって病邪を判断する。

2)気とは生命エネルギー、陰液とは血津液、精の総称。血は血液や栄養、津液は正常な水液、精は腎に蓄えられる生命の源。気が不足している証が気虚陰液が不足している証が陰虚。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る