menu

小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「小柴胡湯加桔梗石膏はのどのひどい炎症によく使われます」

処方のポイント

治り切らない感冒に使われる小柴胡湯に、のどの炎症や痛みを軽減する桔梗、石膏を加えた構成。こじれたかぜで悪寒と発熱が繰り返され、のどが腫れて痛みがある等の症状に適応する。甘辛味で、温服が効果的。

小柴胡湯加桔梗石膏が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

咽喉がはれて痛む次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎。

漢方的適応病態

熱証が強い小柴胡湯証。すなわち、咽痛、口渇、高熱などを伴う。慢性期にはすなわち再発予防。

小柴胡湯加桔梗石膏の組成や効能について

組成

「小柴胡湯」+桔梗3石膏10

効能

清熱利咽

主治

熱盛による咽痛

解説

小柴胡湯加桔梗石膏は「小柴胡湯」に桔梗石膏を加えた日本の経験方である、疏肝・清肝作用の優れた「小柴胡湯」に、清熱瀉火作用のある石膏と宣肺利咽、去痰排膿作用のある桔梗を加えることによって、清熱作用が増強される、特に熱邪が亢進した咽喉部の病症に適する。

適応症状

◇咽痛・咽腫

咽は肺の扉である。また、頚部両側の淋巴腺と扁桃腺には肝のが走行しているので、肺熱と肝胆の熱が上昇すると咽喉部の腫痛が出現する。

◇発熱・口渇

熱邪が体内に充満した症状である。

◇舌紅・苔黄

熱盛を意味する舌象である。

◇脈浮数

熱を意味する数脈がみられると同時に、表熱が残る時には浮脈がみられる。

臨床応用

◇咽喉部疾患

石膏の優れた清熱瀉火作用に柴胡、黄芩の清熱作用が加わり、熱邪による諸症状を治療する。特に桔梗は

①利咽作用

②化痰、排膿作用のほか、薬を上部に作用させる効能があるので、方剤の治療範囲を上部に集中させることができる。

咽が赤く腫れて痛む、発熱、口渴、舌紅など熱邪上昇の症状(急性扁桃腺炎、扁桃周囲炎、あるいは頸部のリンパ腺炎など)に用いる。

小柴胡湯加桔梗石膏は基礎となる「小柴胡湯」に人参などが配合されているので、正気を助けながら邪気を除去する「扶正去邪」の処方である。正気不足のため反復して発症する慢性咽喉炎、慢性扁桃腺炎などの治療にも使用できる。

◎悪寒、発熱頭痛などの表証をともなうとき+「銀翹散」(辛凉解表)

◎咽痛、咽腫が強いとき+「黄連解毒湯」(清熱解毒)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る