menu

血行と水分の流れをよくし、痛みを取り除く疎経活血湯(そけいかっけつとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「疎経活血湯は血行と水分の流れをよくして、痛みを取り除きます」

処方のポイント

四物湯と、水分流通を改善する白朮あるいは蒼朮・茯苓、水分流通を改善し止痛効果のある威霊仙・羗活・牛膝・防已・防風・白芷・竜胆、消化器保護の甘草・生姜・陳皮、血行改善の桃仁で構成。

からだを温めながら痛みを軽減する。膝関節痛や腰痛等に適応。辛味で、温服が効果的。

疎経活血湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛。

漢方的適応病態

血虚の風湿痺(行痺)。すなわち、四肢や躯幹の痺れ痛み、遊走性の痛み、軽度の浮腫、関節の運動障害などの風湿痺の症候に、皮膚につやがない、しびれ感、筋肉の引きつりなどの血虛の症候を伴うもの。

  • より深い理解のために

「痺症」とは、筋肉や関節のしびれ痛みを主とする疾患に相当し、「風湿痺」は遊走性の痛み(風)や軽度の浮腫(湿)のみられるものをいう。

疎経活血湯の組成や効能について

組成

当帰4白芍薬5川芎2生地黄3桃仁3牛膝3威霊仙3防風2防已2蒼朮3羌活2白芷2竜胆草2茯苓2陳皮3甘草1生姜1

効能

活血疎経・去風除湿

主治

瘀血内停・風湿侵入

〇活血疎経:血行を改善することによって、経絡の流れを通じさせる治法である。

〇去風除湿:風邪と湿邪を同時に除去する治法である。

解説

疎経活血湯は痛風を治療する処方である。

〇痛風:痺症のなかの風痺に相当し、関節や筋肉の疼痛が激しく、痛みは遊走性をもつ。

適応症状

◇関節・筋肉の疼痛

風邪と湿邪が一緒になって絡に侵入し、気血の流れが塞がれると「不通則痛」となり、疼痛が出現する。風は「動」を主るので、風邪が強い場合は遊走痛になる。局部に瘀血が存在するとき、または寒邪が強い場合は、激しい刺痛になる。湿邪が強い場合は、局部に重い感じがあり、こわばる症状が生じる。

◇活暗・苔膩

暗舌は瘀血の停滞を示し、膩苔は湿邪の存在を示す。

◇脈弦緊

疼痛が激しいことを示す脈である。

当帰、芍薬、川芎、地黄は「四物湯」の構成生薬で、血分に働き、養血する桃仁と牛膝は活血作用によって瘀血を取り除き、気血の運行を改善し、疼痛を緩和する、牛膝、威霊仙、防風防已、蒼朮、羌活、白芷は去鳳除湿の作用をもち、痺症を治療する薬である。牛膝は主に下肢の痺痛を治療する。威霊仙は通経絡の作用が強く、全身性の痺症を治療する。防風は去風作用に優れ、防已は除湿作用が強い。羌活は上半身の痺症を治療する。蒼朮は脾の運化機能を強めて湿邪を除去する。白芷は消腫作用が強く、関節の腫れを治療する。竜胆草は方中で唯一の清熱利湿薬で、湿邪の化熱を防ぐ。すでに蘊結した湿熱の邪気により、関節がひどく腫、熱感をともなう症状にも効果がある。茯苓は滲湿作用により湿邪を除去し、陳皮は理気作用により気滞を防ぎ、甘草は蒼北茯苓の健脾作用を増強する。本方には大量の燥薬が使用されており、脾胃を傷つけやすいので、この3薬と生姜によって脾胃を保護して調和をはかる。

臨床応用

◇風寒湿痺

関節痛、リウマチ、筋肉痛、神経痛、腰痛などに用いる。遊走性の強い風庳疼痛が強い寒痺、浮腫、重感強い湿痺、あるいは症状を見分けることが困難な風寒湿痺のいずれにも用いることができる。

活血薬の配合が多いので、疾病が長期化し、舌が暗いなどの瘀血症状を兼ね備えている場合に用いることが多い。

〇関節が腫れて重い、舌苔膩(湿痺)のとき+「薏苡仁湯」(除湿・通絡・散寒)

〇疲労感が強く、こわばりがある(気虛)のとき+「防已黄耆湯」(益気利水)

〇発熱、関節に熱感(熱痺)のとき+「越婢加朮湯」(散風・清熱利水)

◇四肢麻痺

養血活血薬が多く配合されているので、「血痺」(肢体のしびれ、麻痺)を治療することができる。方中の去風除湿薬は経絡の不通を通じさせることができる。

注意事項

疎経活血湯は血分薬が多く、脾胃を傷つけるおそれがあるたぬ脾胃虚弱の場合は慎重に用いる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る