menu

扁桃炎に効果のある漢方薬2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

扁桃炎は慢性への移行にご用心

大人もかかるが、子どもはへんとう(扁桃=俗に扁桃腺ともいう)が大きいのでかかりやすい。細菌やウイルスの感染によるものである。

扁桃炎の症状

かるいものは、扁桃が赤くはれ、唾液を飲みこむとき痛む程度だが、重くなると四〇度近い高熱が出て、悪寒・ふるえをともない、のどの痛みが強くて、食物を飲みくだすのもつらい。この場合は、へんとうに白っぽい斑点がある。

かぜのたびに扁桃炎を起こすものは、慢性になっていることが多く、扁桃はつねに赤くはれ、のどのあたりにいつも不快感をおぼえ、胃腸障害や口臭もある。腎炎やリウマチ熱などを起こしやすいので、手術で扁桃をとるのが無難。

漢方で素人療法はむずかしい

子どもの場合、急性症状で漢方を使用するのはむずかしい。また、この病気の慢性のものは、重篤な病気を起こす可能性があるので、さらにむずかしい。ここではi般的な処方のみあげておくが、いずれにせよ医師と相談して使用すること。

扁桃炎の漢方

葛根湯

初期に使って、発汗させる場合に。

小柴胡湯

熱はとれたが、のどの痛みがつづいて、食欲も起こらないようなときによい。

家庭治療

かるいものは、重曹水、みょうばん水、あるいは番茶などで、よくうがいをする。

サトイモの皮をむいたものをおろし金でおろし、ひねショウガのおろしたものを少量まぜ、小麦粉でねり、首に貼る方法も昔からよく使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る