menu

蒺藜子(しつりし)の詳しい生薬解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

別名:蒺梨子(しつりし)・白蒺藜(びゃくしつり)・刺蒺藜(ししつり)・硬蒺藜(こうしつり)・トリビュラス(Tribulus)/はまびし(浜菱)

世界各地の温帯から熱蒂にかけて広く分布するハマビシ科の1年草、ハマビシ(㊥蒺藜Tribulusterrestris)の果実を用いる。一般に海辺の砂浜に自生し、果実がヒシの実に似ているためハマビシ(浜菱)の名がある。古来、蒺藜(しつり)と呼ばれる生薬にはこの蒺藜子とは別に潼蒺藜(とうしつり)がある。潼蒺藜というのはマメ科のツルゲンゲの種子のことで、今日では沙苑子(ざえんし)と呼ばれている。さらにアカザ科のハマアカザAtriplexsibiricaの果実のことを軟蒺藜(なんしつり)というのに対し、ハマビシの果実は硬くて刺のある五角形をしているため、硬蒺藜(こうしつり)とか刺蒺藜(ししつり)と呼ぶこともある。生薬には一般にハマビシの未成熟果実を用いる。ハマビシの果実にはケンフェロールなどのフラボノイド、種子にはハルミンなどのアルカロイドが含まれ、鎮痙作用、降圧作用、利尿作用が知られている。漢方では平肝・明目・止痒の作用があり、肝陽上亢に伴うめまいや頭暈、眼科疾患、皮膚瘙痒感、腹痛などに用いる。またインドの民間では利尿薬として用いている。一方、東ヨーロッパではハマビシ(トリビュラス)の全草が、古くから強壮薬、筋肉増強剤として利用されてきた。トリビュラスに含まれているサポニンは脳下垂体から黄体ホルモンの分泌を刺激し、男性ではテストステロンの分泌を促進して精子の量や運動性を高めるとともに、性機能の低下を改善し、女性ではプロゲステロンの分泌を促進し、月経前緊張症や更年期障害などを緩和すると説明されている。テストステロンにはタンパク同化作用があり、最近でもスポーツ選手の筋肉増強に応用されている。→沙苑子(トリビュラス)

①鎮暈作用

眩暈や頭暈、眼科疾患に用いる。高血圧や情緒不安などに関係する眩暈、頭暈、頭痛に釣藤などと配合する。また目の充血や流涙の症状、角膜炎などに菊花、決明子などと配合する(洗肝明目湯)。

②止痒作用

皮疹や瘙痒感に用いる。老人性皮膚瘙痒症やアトピー性皮膚炎など瘙痒感の強いときに当帰・防風などと配合する(当帰飲子)。

③止痛作用

胸や腹の痛みに用いる。胸脇部が張って痛むときには香附子・欝金などと配合する。乳房痛には単独で効果がある。近年、中国では狭心症に三七と配合して用いている。

処方用名

白疾藜・刺蒺藜・蒺藜子・シツリシ

基原

ハマビシ科ZygophyllaceaeのハマビシTribulusterrestrisL.の未成熟果実。

性味

辛・苦、微温

帰経

肝・肺

効能と応用

方剤例

平降肝陽

肝陽上亢の眩暈・頭痛に、釣藤鈎・菊花・白芍などと用いる。

疏肝解鬱

肝気鬱結による胸脇部が脹って苦しい・胸脇痛・乳汁が出ないなどの症候に、香附子・鬱金・青皮などと使用する。

疏散風熱・明目止痒

白蒺藜散

風熱による目の充血・流涙などに、菊花・連翹・青葙子・決明子などと用いる。

風熱の皮疹(風疹)で瘙痒が強いときに、蝉退・荊芥・地膚子などと使用する。

その他

行気活血にも働くので、気滞血瘀の無月経・下腹痛などに用いる。

臨床使用の要点

白蒺藜は辛散苦泄し軽揚で疏達し、平降肝陽・疏散風熱・疏肝解鬱・行気活血の効能をもつ。肝陽上亢の頭目眩暈、肝経風熱の頭痛・眩暈・目赤多涙や風疹瘙痒、肝気鬱結の胸脇不舒・疼痛・乳汁不通・乳房脹痛、気滞血瘀の経閉・乳難・癥瘕などに用いる。

参考

蒺藜には2種があり、ひとつは白蒺藜(刺蒺藜)であり、もうひとつは沙苑蒺藜(潼蒺藜・沙苑子)である。

沙苑蒺藜は甘温で補益肝腎・明目固精に働き、効能がまったく異なる。明確に区別すべきである。

用量

6~9g、煎服。

使用上の注意

疏散下気活血に働くので、気血虚弱や妊婦には用いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る