menu

中耳炎に効く漢方薬3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

かぜから突然起こる

中耳炎は、鼻かぜ・のどかぜなどにかかったとき、細菌がのどから耳に通じている耳管に入りこんで、炎症を起こす病気。大人でもかかるが、子どもは耳管がのどと直線的なのでかかりやすい。

中耳炎の症状

突然、耳の奥の刺すような痛みと発熱であらわれる。幼児では三九度をこえ、ひきつけることがある。聞こえもわるくなり、耳鳴りすることも。さらに進むと、鼓室(こしつ)にたまった膿が鼓膜(こまく)を破って外耳道に流れ出、耳だれとなる。

慢性に移行すると、耳だれと難聴、ときに耳鳴りを訴える。ふつう耳痛はない。耳だれはいったん止まっても、かぜをひいたりすると出やすくなる。

漢方では排膿散が耳だれに効く

急性症状ですぐに漢方にとびつくのはむずかしいが、中耳炎になりやすい子、慢性のものには医師と相談しながら使用するとよいだろう。

中耳炎の漢方薬

葛根湯

初期の症状で、耳が痛み、熱が出て、頭痛をともなう場合に処方する。

小柴胡湯

発病後数日たって、なお熱があるときに用いる。慢性のものでもよい。

排膿散

耳だれの多いものに一般的に。

家庭治療

安静にし、痛みがはげしい場合は耳を冷やす。耳管を刺激しやすいので、鼻はできるだけかまない。耳だれが出るようなら、綿棒でよくふきとり、清潔なガーゼ・脱脂綿で栓をしておく。この栓はたびたびかえて、清潔を保つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る