menu

アトピー性皮膚炎や女性の不正出血に温清飲(うんせいいん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「温清飲はアトピー性皮膚炎や女性の不正出血によく使われます」

処方のポイント

身体内部の熱を冷ます清熱と解毒作用の黄連解毒湯と、血液を補強する四物湯を合わせたもの。元は女性の不正出血に対し開発された処方だが、現在は男女問わず用いられる。熱を冷まし皮膚を潤す作用があるので、アトピー性皮膚炎等にも応用。甘苦味。

温清飲が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

皮膚の色つやが悪く、のぼせるものに用いる:月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症。

漢方的適応病態

血虚・血熱。すなわち、皮膚につやがない、頭がふらつく、目がかすむ、爪がもろい、手足のしびれ感、筋肉の引きつりなどの血虚の症候とともに、のぼせ、ほてり、いらいら、不眠、目の充血、口渇などの熱証や、鼻出血、不正性器出血、下血など鮮紅色の出血がみられたり、灼熱感のある暗紅色の発疹(湿潤性がない)、あるいは皮膚炎、口内炎などが生じるもの。

温清飲の組成や効能について

組成

生地黄4芍薬3当帰4川芎3黄芩3黄連2黄柏2山梔子2

効能

養血活血・清熱瀉火

主治

血虚鬱滞・熱毒内蘊

解説

温清飲は『万病回春』血崩門の中にある、婦人の出血を治療する処方で、養血活血の「四物湯」と清熱瀉火の「黄連解毒湯」を合方したものである。日本では、一貫堂処方の「柴胡清肝湯」や「荊芥連翹湯」など、清熱解毒、活血清肝剤の基礎方剤となっている。

適応症状

◇皮膚乾燥、瘙痒

陰血が不足して、皮膚の潤いが少なくなると、皮膚はカサカサに乾燥する。「血虚すれば風を生じ」「風が盛んなれ譯くなる」ため、瘙痒の症状が現れる。

◇血崩

急性で大量の子宮出血のこと。肝の蔵血機能が失調しておこる症状である。出血の結果、陰血不足となり、虚熱をともなう慢性化した血崩を呈することもある。

◇舌紅

陰血の不足によって生じた虚熱の存在を示す。

◇脈細数

細脈は血虛を示し、数脈は血虚によって生じた熱の存在を示す。

生地黄、赤芍薬、当帰、川芎は「四物湯」の成分で陰血の不足を補益し、肝の蔵血機能を調節する。同時に、活血作用によって、出血によって生じた瘀血を取り除く。また、血の滋潤作用によって乾燥している皮膚に潤いをあたえ、瘙痒を止める。「四物湯」の熟地黄を生地黄に、白芍薬を赤芍薬にかえると、処方の薬性は凉に変化し、血熱をともなう「血崩上や、血熱による皮膚潮紅にも効果がある。黄芩、黄速黄柏山梔子は「黄連解毒湯」の成分で、解毒および燥湿作用をもち、熱毒と湿毒に対する効能がある。実火を清するとともに、「四物湯」との配合によって虚熱を清する作用もある。熱邪が血分に侵入し血流が速くなる(血熱妄行)と出血症状が現れることがある。「黄連解毒湯」は、この血熱症状に対して使用することができる。また、「黄連解毒湯」は皮膚疾患に用いる基礎方剤でもあり、皮膚の赤、痒、痛などの症状にも広く使用される。

臨床応用

◇出血症

婦人科の崩漏に広く用いられる。とくに時間が経過した血虚と虛熱をともなう出血に適している。血熱による急性出血の初期には、清熱を中心にした「黄連解毒湯」で対処できる。血熱による帯下(黄赤色を帯びる)にも用いる。養血涼血、活血・清熱の作用があるので血小板減少性紫斑病にも用いられる。

◇月経不順

月経不順、月経痛に用いる。月経期間中に微熱、イライラなど熱症状をともなう場合に適している。

〇腹痛、微熱、イライラ(肝鬱化熱)が強いとき+「加味逍遥散」(舒肝・清熱・調経)

◇皮膚疾患

湿疹、蕁麻疹、皮膚搔痒症、アトピー性皮膚炎、しみ角化症などの疾患で熱、湿、毒を主病因とする場合に適している。皮膚所見は皮膚が潮紅するか黒っぽい、熱感がある、乾燥する、搔痒感が強いなどである。

〇痒みが強いとき+「消風散」(散風止痒)

◇口内炎

陰虚火旺による慢性の口内炎に用いる。「四物湯」で陰血を補いながら凉血し、「黄連解毒湯」で火熱の邪気を清瀉する。臨床ではベーチェット病にも使用される。

〇補血と清熱を同時に行う

皮膚科や婦人科領域で広く活用

温清飮の「温(うん)」には、文字通り温めるという意味があり、「清(せい)」には、清熱という言葉があるように、冷やすという意味がある。つまり本方は、温めて冷やす処方である。

ただし、氷水とお湯を混ぜるとぬるま湯になるような、「温」と「清」がお互いに効果を相殺し合う配合ではない。温めるべきところを温め、冷やすべきところを冷やす妙方なのである。

どんな人に効きますか

温清飲は「血虚、血熱」証を改善する。

「血(けつ)」は人体を構成する基本成分の一つである。血液という意味だけでなく、血液が運ぶ栄養、さらに身体を滋養する作用、という意味をも含む概念だ。この血が不足している体質や病状を「血虚」という。

血虛イコール貧血や栄養失調ではない。栄養が足りていても、血液循環や自律神経系、内分泌系などが失調していれば、人体の隅々にまで血液や栄養が供給されなくなり、血虚となる。必要なところに必要な滋養分が供給されない体質や状態が、血虚である。

この血虛を改善するのが温清飲の「温」の役割である。身体を温めるというよりは、身体を滋養し、補元血虚による症状や疾患は少なくない。

一方、熱証を生じる疾患も多い。熱証は、熱邪による症候である。

熱邪の勢いが強く、炎症や、自律神経系の興奮、各種機能の亢進、充血などが生じる場合、これを実熱という。また、陰液が足りないために相対的に熱邪が勢いを増している場合もあり、これは虚熱と呼ぶ。

このような実熱や虚熱の状態で、出血や発疹を伴う場合、その証を「血熱」と呼ぶ。そして、この血熱を改善するのが温清飮の「清」の役割である。

血虚と血熱は、単独で表れる場合も多いが、同時に生じることも少なくない。

血虚になると、肌が十分滋養されないので、顔色が悪い、肌につやがない、肌に潤いがなくかさかさする、痒い、唇が荒れるなどの症状が生じる。髪の毛が細く弱々しくなり、爪がもろく、爪の色が悪くなる。脳が血虚になれば頭の回転が鈍くなり、頭がぼーっとする。めまいやふらつき、耳鳴り、頭痛も生じる。

血虚が神経系や筋肉に至れば、手足の痺れ、筋肉の痙攣、引きつり、こむら返り、関節痛などが生じる。血虚が長引くと、動悸、不安感、焦燥感、忘れっぽい、寝付きが悪い、眠りが浅い、夢をよく見る、などの症状もみられるようになる。卵巣などに血虚が及ぶと、生理が遅れ、経血量が減る。

一方、血熱でみられる症状には、身体の熱感、痒み、口や喉の渇き、目の充血、口が苦い、顔面紅潮、いらいらする、不眠、各種炎症、発疹、皮膚炎、鼻血、喀血、下血、血便、血尿、不正出血などがある。熱邪が五臓の心(しん)や肝(かん)に至り、中枢神経系や自律神経系に影響が及ぶと、動悸、悶々として眠れない、あれこれ考えて寝つけない、夢をよく見る、そわそわ落ち着きがない、焦燥感、胸が暑苦しい、怒りっぽい、のぼせ、頭痛、めまい、難聴、口内炎、胸脇部の張痛、尿が濃い、便秘などの症状が出る。胃に及ぶと、上腹部の痛みや熱感、口臭、胸やけ、吐き気、呑酸、歯痛、歯茎出血などもみられる。舌は赤く、舌苔は黄色い。

以上の血虚症状と血熱症状とが同時に表れることは、ことのほか多く、温清飲が活躍する。例えば皮膚に炎症があり発赤があるが同時に乾燥している場合や、女性性器の炎症で不正出血がある場合などである。炎症と乾燥が共存するアレルギー体質にもよい。

臨床応用範囲は、慢性湿疹、慢性蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、皮膚掻痒症、乾癬、その他各種湿疹や皮膚炎、各種炎症、各種出血、各種アレルギー疾患、自律神経失調症、不眠症、神経症、高血圧、動脈硬化、生理不順、過多月経、不正性器出血、更年期障害、ベーチェット病などで、血虚、血熱の症候を呈するものである。

どんな処方ですか

配合生薬は、地黄、当帰、芍薬、川芎(せんきゅう)、黄連(おうれん)、黄芩(おうごん)、黄柏(おうばく)、山梔子(さんしし)の八味である。これは血虛を改善する四物湯と、血熱を改善する黄連解毒湯(おうれんげどくとう)との合方である。

四物湯の君薬、地黄は血、陰液を補い(滋陰補血)、止血にも働く。臣薬の当帰は血虛を補うとともに血行を改善する(補血活血)、佐薬の芍薬は補血と同時に五臓の肝の機能を調え(平肝)、止血作用もある。同じく佐薬の川芎は気血の流れを調える(活血行気)、川芎は使薬として諸薬が薬効を十分発揮できるようにも働く。

黄連解毒湯の君薬、黄連は中焦の熱を冷ます。臣薬の黄芩は上焦の熱を清する。佐薬の黄柏は下焦の熱を冷ます。使薬の山梔子は三焦の熱を瀉し、諸薬を助ける。

以上、温清飮の効能を「清熱瀉火(せいねつしゃか)、解毒、補血活血、止血」という。生薬八味の相互作用により体内の血を補い(本治[ほんち])、熱邪を除去し(標治[ひょうち])、本虚と標実の両方を改善する処方となっている(攻補兼施にうほけんし)。従って慢性の炎症やアレルギー体質の改善などにも適している。

熱証が強い場合は黄連解毒湯を合わせ、温清飲の中の黄連解毒湯の比率を上げる。痒みや乾燥があるが発赤を伴わない皮疹の場合は当帰飲子(とうきいんし)を検討する。体質改善には柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)など、本方を基本にした処方もある。

こんな患者さんに

湿疹が数年間治りません。塗り薬をやめると再発します

患部は赤く、痒みが甚だしい。一部落屑がある。のぼせやすく、いらいらしやすい。血虚血熱証とみて本方を使用、4カ月で完治した。痒みは本方の目標の一つ。血虚でも血熱でも痒くなる。

〇過多月経です貧血気味です

月経量が多く、なかなか月経が停止しない。生理周期は28日よりも短い。血虚血熱証とみて本方を使用。半年ほどで状態が改善し、貧血も治った生理周期短縮も血熱症状の一つ。

用語解説

1)熱邪は病邪「六淫」の一つ。自然界には六気(風、寒、湿、熱[火]、暑、燥)

があり、人はその中で暮らしている。また六気は人体内にも存在する。これらが強くなり、人に病気を引き起こす状態になったとき、六気は六淫(風邪、寒邪、熱邪など)と化す。

2)陰液とは、人体の構成成分のうち血、津液(しんえき)・精を指す。これらが不足すると陰虚証になり、虚熱が生じる。津液は正常な水液、精は腎に蓄えられる生命の源。

3)陰液が足りず、熱がこもっている状態。虚熱の症状は、微熱、午後からの熱感、掌や足の裏のほてり、首から上ののぼせ、寝汗、唇や舌の乾燥などである。

4)漢方には三焦(さんしょう)という概念があり、人体を大きく三つに分け、胸から上を上焦、真ん中を中焦、臍から下を下焦という。

5)「本」は根本的な病気の原因、「標」は実際に外に表れる症状。本虚の治療を「本治」、標実の治療を「標治」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 2017-4-4

    憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

    原因が考えられない場合が問題 気分が重くて暗いのが、憂鬱感である。そして、精神に安定を…
  2. 2017-3-2

    生理不順に効果のある9種類の漢方薬

    生理不順は女性の宿命的な苦しみ 生理不順、生理異常、あるいは月経異常といわれるものには…
  3. 2017-2-28

    【求人】国際統合治療協会が薬剤師を募集

    国際統合治療協会では薬剤師の資格を生かして、クリニックにて四診を用いて体質におけるアドバイスを 行っ…
  4. 医者

    2017-1-27

    漢方医学の基礎、基本的な考え方とは

    漢方医学の基本的な考え方には、液体生理学、液体病理学といわれる「気・血・水」「五臓六腑 」「経絡」「…
  5. 2017-1-18

    冷え性チェック!体質から漢方的に自宅でできる改善方法を紹介

    舌でわかる!冷え性体質チェック ビールを飲みすぎた翌日に、舌のコケが厚くなったり、風邪をひいた…
ページ上部へ戻る