menu

声が枯れる人におすすめの4種の漢方薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いつとはなしに声がかれる場合が問題

かぜをひいてのどを痛めたり、セキがつづいて声帯を痛めたり、大声を出しすぎて声帯が炎症を起こしたりして、声が枯れるのが一般的なケースである。

考えられる病気

いつとはなしに声がかれ、しかもなかなか治りにくいという場合が問題になる。

タバコや刺激性ガスをいつも吸って、慢性の声帯炎や喉頭炎になっていることもあるが、こわいのはガンなどの腫瘍である。ポリープでは、良性のものと悪性のものがあるが、いずれにせよ、早期の診断・治療が必要だ。なお、ヒステリーや神経衰弱などの精神的原因で声帯がまひしたり、原因不明で声が出なくなることもある。

漢方には声を使う人のうがい薬もある

かぜやセキで声が枯れる場合は、原病治療を含めて漢方が有効である。また、精神的なものが原因の場合も、著効をみることが少なくない。

声が枯れる人の漢方薬

半夏厚朴湯

一般的に声枯れに用いられる。ポリープがあったり、ポリープ手術後や、ヒステリーなどで声がうまく出ない場合にもよい。

柴朴湯(さいぼくとう)(小柴胡湯と半夏厚根湯の合方)

セキがとまらないが、タンはあまり出ず、のどがくすぐったかったり、つまるような感じがするとき。

甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)

精神的ショックで声がかれたときに。胃腸障害があり、下痢などがある場合に有効。

甘草湯

芝居や選挙演説などで声を使うとき、これでうがいをすると楽になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】おすすめ漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る