menu

いらいらや不眠に抑肝散加陳皮半夏家(よくかんさんかちんぴはんげ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「抑肝散加陳皮半夏家はいらいらや不眠によく使われます」

処方のポイント

熱感を取り精神を安定化させる柴胡。釣藤鈎、血液を補強する当帰・川芎、痰を除き精神安定化に働く半夏・茯苓・消化器系を賦活する白朮(あるいは蒼朮)・陳皮。甘草で構成。いらいらしやすい、不眠、お腹が張って食欲がない、横になると不安になる、幼児の夜泣き・疳の虫等に応用。甘辛味。

抑肝散加陳皮半夏家が適応となる病名·病態

保険適応病名・病態

効能または効果

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症。

漢方的適応病態

気血両虚の肝陽化風に痰湿の症候が加わる。すなわち、いらいら、怒りっぽい、頭痛、めまい感、眠りが浅い、頭のふらつき、筋肉のけいれんやひきつり、手足の震えなどの肝陽化風の症候に、元気がない、疲れやすい、食が細い、皮膚につやがない、動悸、しびれ感などの気血両虚の症候を伴い、さらに、舌苔が白膩、悪心、嘔吐、腹部膨満感などの痰湿の症候を認めるもの。

抑肝散加陳皮半夏家の組成や効能について

組成

柴胡2釣藤3川芎3当帰3白朮4茯苓4炙甘草1.5半夏5陳皮3

効能

柔肝・調脾・化痰

主治

肝脾不和・肝旺痰盛

解説

抑肝散加陳皮半夏家は「抑肝散」に燥湿化頹の半夏と、理気化痰の陳皮を加えた処方である。「二陳湯」の成分が配合されることにより、化痰作用が増強される痰が多い、嘔吐悪心腹部膨満感あるいは下痢など痰湿の症状がみられる場合に適している。

臨床応用

◇鬱証

「抑肝散」によって肝の機能を調節し、「二陳湯」によって化痰できるので、鬱証の治療に効果がある。鬱証では痰結(悪心、咽喉不利、胃満、苔腻)と気滞(胸悶、肋脹、イライラ)の症状が同時にみられることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ピックアップ記事

  1. 【期間限定無料】推奨漢方判定フォーム

  2. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

  3. 生理不順に効果のある9種類の漢方薬

ページ上部へ戻る