menu

漢方の診断方法をやさしく解説!基本の4つの診断方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漢方では西洋医学のように血液検査や内視鏡などを使った検査を行うのではなく、漢方特有の方法で診断を行います。この診断が漢方薬の処方を決定づける上でも非常に大事です。

例えば同じ風邪であったとしても、体質によって用いるべき漢方薬は違ってきます。虚証なのか実証なのか、病気がどこまで深く入り込んでいるのかなどを総合的に判断して診断を下すのが漢方の特徴です。

その漢方の診断の軸となっている診断方法が「四診」です。そこで今回は漢方の診断方法である「四診」を中心にやさしく解説していきます。

 

漢方で基本となる4つの診断方法「四診」とは?

「四診(ししん)」とは漢方における診断方法とその手順のことです。体の状態が陰陽のどちらに傾いているのか、「表証・裏証」、「熱証・寒証」、「実証・虚証」かなどを判定する上で必要な診断の手法です。

 

四診は「望診・聞診・問診・切診」の4つから成り、全てを組み合わせて体質や病態を判断します。漢方において体の構成要素とされる「気・血・水」の変調や病気の経過を確認するためにも重要です。

優先順位は、望診>聞診>問診>切診の順で、原則として部分的に見ることよりも全体を見て判断することが優先されます。

 

ではそれぞれの診断方法について見ていきましょう。

 

望診

患者を視覚的に捉えて状態を把握する方法です。「目」で見て患者の様子をじっくりと観察します。動作、体格、容姿、目の色や眼光、顔色、皮膚の色などを見ます。

また、漢方では舌を見ることを重要視しており「舌診(ぜっしん)」と言います。舌の色や形、裏の状態や色、舌苔の量や色などを見て診断に役立てます。痰がある場合には痰の色など分泌物を観察することも望診に含まれます。

 

聞診

聴覚および嗅覚により患者さんの状態を観察することを「聞診」といいます。患者さんの声や話し方、咳や口臭や体臭などの臭いも判断基準になります。声については、声量や声の明瞭さ、ハリ、問いかけに対しての答え方などを含めて診断材料とします。

 

問診

西洋医学でも問診という言葉を使いますが、患者さんの訴え、自覚症状などの話を聞いて判断します。主観的な診断基準とはなりますが、外観から判断が難しい病状を知るのに非常に役立ちます。

 

  • 病気の発生時期、初期症状、治療に対する反応
  • 既往症、家族歴、治療歴
  • 生活習慣、嗜好(飲酒・喫煙状況など)、食生活

など、東洋医学ではありとあらゆる情報を頼りに、患者さんの状態を知るために問診を行います。

 

切診

最後の「切診」とは決して切るという意味ではなく、触れるという意味があります。直接患者さんの体に手を触れて診察を行う方法です。

 

具体的には次のような方法があります。

腹診(ふくしん)・・患者のお腹を触って状態を確認する。

脈診(みゃくしん)・・患者の脈に触れて状態を確認する。

いずれも直接患者の体に触れるので医師による診察が必須です。例えば漢方薬局や一般の薬店では行うことができない方法です。

 

四診で「証」を見極めて処方計画を行う

西洋医学では患者さんの状態を把握するための問診および検査を行ったら、その後は診断、処方という流れで治療を進めます。一方、漢方においては四診を行ってから処方計画を立てる前に「証」の判定を行うことが必要です。

「証」には「陰陽(いんよう)」「虚実(きょじつ)」「気(き)・血(けつ)・水(すい)」などのいくつかの指標があります。この言わば「ものさし」とも言える「証」を決定づけることが、患者さんに合う漢方薬を決定する上で大事になります。

例えば、虚実では体質や抵抗力、陰陽では四診によって得られた「表裏」「虚実」「寒熱」の情報を総括して体や病気の状態を捉える、気血水は不調の原因を探るための指標です。同じ病状を訴えていても、患者さんによって「証」を見極めて適切な漢方薬を使うことでオーダーメードな治療が可能になります。

 

診断を受けて自分に合った処方を見つけることが大事!

漢方薬は町の薬局・ドラッグストアでも簡単に手に入れることができますが、痛み止めの飲み薬のように飲めば誰にでも同じように効くわけではありません。自分に合った処方を使って適切に治療に取り入れることが大切です。

その上で大事なのが何よりも的確な診断になります。セルフチェックによりある程度は「証」を推察することはできても、総合的な判断は豊富な知識と経験が無いと難しいものです。自分だけで漢方薬を選ぶよりも、医師や漢方に精通した薬剤師などの専門家に相談することをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る