menu

カテゴリー:漢方事典

  • 前胡(ぜんこ)の生薬説明ページ

    別名:全胡/のだけ(野竹) 本州の関東以西、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布するセリ科の多年草、ノダケ(㊥紫花前胡Angelicadecursiva)などの根を用いる。日本にみられるノダケは紫色の花をつける…
  • 石膏(せっこう)の詳しい生薬説明

    天然の硫酸塩類鉱物、セッコウの鉱石を用いる。日本でもわずかに産するが、専ら湖北・湖南・山東省を主産地とする中国から輸入している。石膏は白ないし灰白色の光沢のある結晶塊で、主として含水硫酸カルシウムCaSO4・2H…
  • 升麻(しょうま)の生薬解説ページ

    別名:黒升麻(くろしょうま)・真升麻(しんしょうま) 北海道から九州、中国、朝鮮半島、シベリアにかけて分布するキンポウゲ科の多年草、サフシナショウマ(㊥升麻Cimicifugasimplex)の根茎を用いる…
  • 小麦(しょうばく)の生薬説明ページ

    別名:浮小麦(ふしょうばく)・淮小麦(わいしょうばく)/こむぎ(小麦) カスピ海南岸を原産とするイネ科の越年草、コムギ(㊥小麦Triticumaestivum)の種子あるいは粉を用いる。コムギは紀元前700…
  • 車前子(しゃぜんし)の詳しい生薬解説

    別名:芣苡(ふい)/おおばこ(大葉子) 日本各地、東アジアに広く分布するオオバコ科の多年草、オオバコ(㊥車前Plantagoasiatica)の種子を用いる。中国ではムジナオオバコ(㊥平車前P.depres…
  • 芍薬(しゃくやく)の生薬説明ページ

    白芍(びゃくしゃく)は外皮を除いて湯通ししたもの。赤芍(せきしゃく)は中国東北部の野生種の皮を去らずに乾燥したもの使用する。現在、四川省で栽培された芍薬の皮を去らずに乾燥させたものが日本薬局方のシャクヤクに適合す…
  • 蒺藜子(しつりし)の詳しい生薬解説

    別名:蒺梨子(しつりし)・白蒺藜(びゃくしつり)・刺蒺藜(ししつり)・硬蒺藜(こうしつり)・トリビュラス(Tribulus)/はまびし(浜菱) 世界各地の温帯から熱蒂にかけて広く分布するハマビシ科の1年草、…
  • 紫根(しこん)の詳しい生薬説明ページ

    別名:紫草(しそう)、紫草根(しそうこん)/むらさき(紫) 日本の各地や中国、朝鮮半島に分布しているムラサキ科の多年草、ムラサキ(㊥紫草Lithospermumerythrorhizon)の根を用いる。中国…
  • 地骨皮(じこっぴ)の生薬解説ページ

    本州以南、朝鮮半島、台湾、中国などに分布するナス科の落葉低木、クコ(㊥枸杞Lyciumchinense)の根皮を用いる。クコの果実は枸杞子(くこし)、葉は枸杞葉(くこよう)といい薬用にする。枸杞葉はクコ茶、枸杞子…
  • 地黄(じおう)の生薬解説ページ

    別名:芐(こ)・岂(き)・地髓(じずい)・レーマンニア 中国原産のゴマノハグサ科の多年草、ジオウ(㊥地黄Rehmanniaglutinosa)の根を用いる。ジオウにはアカヤジオウR.glutinosavar…

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る