menu

しゃっくりが止まらない方におすすめの漢方薬2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放っておいても治まるのがふつう

しゃっくりは、横隔膜や呼吸補助筋が急にピクピクけいれんするために起こる、一種の反射運動である。ふつうは放っておいても治まるもので、しゃっくりのほとんどは無害だから、あまり心配する必要はない。

考えられる病気

ただし、しゃっくりを起こす原因となっている病気の中には、しばしば重大なものがある。とくに老人の場合で、脳出血や脳硬塞の前兆としてあらわれることがあり、これらの病気の経過中にしゃっくりがはじまったら、注意しなければならない。

家庭救急法

うしろから肩をたたいて、びっくりさせたり、息を止めてから水を一気に飲むのは、どなたもおやりになっているだろう。

そのほか、苦いもの(たとえばセンブリの粉末)を飲んだり、なめたり、酸味のあるもの(たとえ ばクエン酸の結晶の小片)を舌の上にのせるのも効果がある。

老人なら呉茱萸湯(ごしゅゆとう)を使う

気の上衝(じょうしょう)と水毒の上衝によるものととらえられる。長びく場合に使用してはいかがだろう。

しゃっくりが止まらない方の漢方薬

呉茱萸湯

吐きけがあり、手足が冷える老人に。

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

のぼせ症で顔が赤くほてり、頭が重く、不眠を訴え、みぞおちがつかえる便秘症に。

民間療法

カキのヘタ(柿蔕(してい)) 一〇個を一合の水で半量に煮つめ、一回量とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る