menu

冷え性を治すには温めるだけでは不十分?冷え性改善の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

女性に多い冷え性は、手足が冷えたり、全身が冷えたり、眠れなくなるほど重症になることもあります。その冷えの症状は外側から温めるだけでは効果が不十分で、すぐに元に戻ってしまうことも少なくありません。同じように暮らしていても冷え性の人と冷え性ではない人がいるのはなぜなのでしょうか?また、冷え性を治す方法はあるのでしょうか。

この記事では冷え性の原因と治し方について東洋医学的に解説していきます。冷え性に悩んでいて根本的に治したいと思っている方、ぜひ読んでみてください。

明らかな原因が見当たらない「冷え性」

体が寒く感じたり、部分的に冷えを感じるという冷えの症状があるにも拘らず、明らかな病気が見当たらないという場合は「冷え性」の体質と考えられます。西洋医学では明らかな病気がない冷えに対しては積極的に治療を行うことは少ないですが、漢方では冷えの症状(冷え症)がある場合は「未病(みびょう)」として扱い治療の対象となります。

この冷え性は手足が冷たいという冷えの症状だけに止まらず、頭痛や生理痛、不眠、やる気の低下などの精神的な影響をもたらすこともあるため、軽視せずに早めに対処していくことが大切です。そして、対処するには冷えの原因を突き止めることが解決への近道になります。

冷え性の原因とは?

冷え性の体質になってしまうのは次のような原因が考えられます。

・食生活の乱れ

・運動不足

・ストレス

・筋肉量の不足(体脂肪が多い)

・冷暖房の使いすぎ

漢方的に考えると冷えは血行不良につながる「血」の巡りや、余分な「水」の滞り、さらにはストレスなどにより「気」の巡りが悪くなっていることなどが関係します。

例えば、血液には熱を全身に伝える働きがあるため、「血」の巡りが悪い「血瘀」になると末端が冷えやすくなることもあります。余分な「水」が溜まる「痰湿」になると、体や足がむくんだり、下痢しやすくなったりすることもあるでしょう。またストレスなどから気の巡りが下から上に逆流する「気逆」の状態になると、熱が上半身に溜まりやすくなり「冷えのぼせ」の症状となって現れることもあります。さらに「陽気」が不足する「陽虚」の状態では全身の冷えを感じることもあるでしょう。

これらの冷え性に女性が多いのは、筋肉量が少ないことが関係しています。筋肉は熱を生み出す場所であり、女性は男性と比べて筋肉量が少ない傾向にあるため冷え性になりやすいのです。また、女性には月経があることも関係しています。それは、子宮には「血」が滞りやすく、全身の血の巡りが悪くなりがちなためです。

冷え性を根本的に治すには生活習慣の見直しが大切

冷え性を改善しようと思って、カイロを使ったり靴下を重ねばきしたりして、冷えないように努力している方は多いでしょう。確かに冷えを防ぐことにはなりますが、これらの方法では冷えを根本的に治すことは難しいのです。冷え性を根本的に治すためには、冷えを起こす原因に対処していくことが必要です。

例えば、日頃の食生活を見直すことです。冷えをもたらす陰性食品(夏野菜や南国の果物、白砂糖など精製された食べ物など)は食べ過ぎないように気をつけます。代わりに体を温める作用の高い陽性食品(根菜類、玄米、味噌など)を取り入れたり、体を温める作用のある薬味などを活用するのも良いでしょう。特に、体を温める作用の高い赤身の肉類などからタンパク質を摂取することは筋肉の合成を促して、熱を生み出せる体質づくりに役立ちます。

さらに、運動不足を解消することも必要です。激しい運動はエネルギーを消耗するので、少し額に汗ばむ程度の運動がおすすめです。ウォーキングやヨガなどの全身運動で気の巡りを促すとストレス解消にもつながります。

漢方薬で冷え性改善を目指す

西洋医学では特に病気の関係しない冷え性を治すために積極的に薬を用いることはありません。セルフケアだけでは対応しきれない冷え性を改善したいという場合には漢方薬が役に立ちます。漢方薬は冷えを取り除くことが病気の予防に繋がると考え、積極的に治療を行っていくのです。

冷えに対応する漢方薬は非常に多くの種類があります。しかも、漢方薬は身体の「気血水」の流れやバランスを整えるので、同時に複数の症状を改善することもできます。例えば「お腹の冷えとめまい、むくみ」、「手足の冷え、疲れ、貧血」、「イライラ、冷えのぼせ、便秘」などのように、一つの漢方薬でさまざまな症状を治療することが可能です。漢方薬を選ぶときには自分に合ったタイプを選ぶことが大切であるため、医師や薬剤師などの専門家に相談すると良いでしょう。

生活習慣の見直しと漢方薬を活用して冷え性改善!

冷え性は体質だからと諦めていた方も多いかと思いますが、食生活と生活習慣を見直すことで改善できることも少なくありません。まずは、自分の冷えを悪化させている原因を見つけて、一つずつ対処していくことから始めましょう。また、なかなか改善しない冷え性を根本的に改善したいという場合には、漢方薬を使うのも方法の一つです。自分に合った漢方薬を見つけて冷え性の改善に役立てるのも良いでしょう。冷え性は甘く見ていると厄介な病気や深刻な冷えを招くこともあるため、早めに対処することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. おすすめ漢方判定フォーム

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る