menu

漢方薬について知っておきたい基礎知識ー西洋薬との違いや特徴を解説ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康への関心が高まる昨今、漢方薬が見直されてきています。一方で、「漢方薬は効果が薄い」、「副作用が無い」といった間違った認識をされている人が多いことも事実です。

そこで今回は漢方薬についての基本的な知識、西洋薬との違いや副作用などの特徴について分かりやすく解説していきます。漢方薬を安全に正しい理解のもとで活用できるよう、知識を深めていきましょう。

 

漢方薬とは何か?

漢方とは古代中国で発達した経験医学が日本に伝わり、日本独自に発達した東洋医学のことです。漢方には鍼灸や指圧なども含まれますが、生薬を複数組み合わせて構成されたものが漢方薬と呼ばれます。漢方薬の原料は植物由来が大部分を占めていますが、鉱物や動物に由来する生薬もあります。生薬を単独で用いるのではなく、複数組み合わせて用いることで独自の効果を発揮するところが漢方薬の特徴です。

日本には古くから民間薬といわれる例えばドクダミ茶のようなものがありますが、漢方薬は中国で発達した医学書などに書かれた処方を元に作られているという違いがあります。昔の人が使用経験を積み重ねたことによる「臨床的知見」が集約されていることが漢方薬の特徴でもあります。

 

西洋医学や西洋薬との違い

漢方は標準的な治療となっている西洋医学とは大きく考え方も理論も異なります。西洋医学では病気になると、まずどこに問題、障害があるのかを調べます。その原因の部分をターゲットにして改善を試みたり、除去するというのが西洋医学の根本的な考え方です。

一方、漢方では部分ではなく全体を見て整えることを目標とします。体を部分的に切って考えるのではなく、全ては繋がっており、さらには自然とも繋がっていると考えます。そのため漢方薬を使うと一つの症状だけではなく、それに付随して起きている様々な症状を同時に改善することもできます。

 

未病を治療できる

西洋医学では病気になってから治療を始めますが、漢方では病気になる以前の「未病」の段階から治療していくことも特徴です。「なんとなくだるい」「イライラしやすい」など特に検査で異常と判断されないような「プチ不調」についても漢方薬で整えていくことができます。漢方薬は体に総合的に働きかけることで、体に本来備わっている「自然治癒力」を高めてくれるような存在でもあるのです。

 

漢方薬は体質に合わせて選ぶことが大事

漢方薬は「気・血・水」の3つの構成要素のバランスを整えることで効果を発揮します。例えば、同じ「冷え」の症状を訴えていても、血の巡りが悪いのか、水はけが悪いのか、気の巡りが滞っているのかなどの違いがあるわけです。そのため体質と病状ごとに漢方薬をうまく使い分けることが大事になります。どこが異常を来しているのか判断するのは、厳密には漢方に詳しい専門家の知識も必要になるでしょう。

市販薬から選ぶ場合には効能効果の部分ばかりに気を取られてしまいがちですが、体質に合っているかどうかも確認したいところです。自己判断が難しい場合には、医師や薬剤師などの専門家に相談する方が安心です。

 

漢方薬が得意とすること

漢方薬と西洋医学のどっちが優れているか、どっちを選択するのか、ということではなく、その時々に合わせて適した方法を選ぶことが大事です。例えば熱をすぐに下げたい、細菌やウイルスの増殖を抑えたい、血圧を下げたい等の目的であれば西洋薬の方が優れた効果を発揮します。このような症状に対して無理に漢方薬を選ぶことはありません。

一方で、漢方薬にも得意なことがあります。例えば、次のようなケースが漢方薬のチカラを発揮するところです。

 

  • 原因が特定できない体調不良
  • 冷えや血行不良による婦人科系トラブル
  • 病中病後や虚弱体質の人の体質改善
  • 改善と悪化を繰り返すアトピー性皮膚炎
  • ストレスや更年期障害など西洋医学で対処が難しい場合

漢方薬は同じ症状でも個々の体質や病状を見て選ぶ薬が変わります。オーダーメイドな治療であり、体質による体調不良、検査で原因が特定できない体調不良などにも対応できます。漢方は西洋医学では治療法が確立していないような病気にも対応でき、現代医学の補完的な治療としても注目されています。

 

漢方薬についての気になる疑問

「漢方薬ってすぐに効くの?」「副作用がないって本当?」など、漢方薬についていろいろと心配なことや疑問を持つ人も少なくないはずです。適切に使用するためにも疑問はあらかじめ解消しておきましょう。

漢方薬は即効性がない?

「漢方薬は長く飲まないと効果がない」、「即効性がない」と心配している方は多いのではないでしょうか?体質改善を目的とする場合にはゆっくりと時間をかけて効くことが多いですが、例えば風邪薬や下剤のように漢方薬の中にも即効性を発揮する処方もあります。胃の不調を改善したい場合にも、飲んですぐに効果が出る処方もあれば、長期的に服用して胃の機能を高めていくような処方もあります。効果の現れ方には個人差もあるため、「隣の人が効いたから自分にもすぐ効果が出る」というわけではありません。自分の体に合った処方を、病状や目的に応じて使い分けていくことが大事です。

 

漢方薬にも副作用はある?

「漢方薬は天然由来の優しい成分で作られているから副作用がなくて安心」というような話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかしながら、漢方薬にも副作用はあり、残念ながら絶対に安全というお薬ではありません。

漢方の古典では生薬は「上薬(上品)」「中薬(中品)」「下薬(下品)」と分類されていて、上薬は人の体を丈夫にして長期に使用しても副作用が少ないもの、反対に下薬は病を治すが毒性もあるものと考えられています。例えば、下薬の中でも副作用の報告が多いのが「甘草(カンゾウ)」であり、副作用として「偽アルドステロン症」があります。血圧の上昇やむくみ、血液中のカリウムが減少するなどの症状が見られます。他にも便秘薬に用いられる「大黄(ダイオウ)」は下剤としての作用が強く出すぎると下痢や腹痛を引き起こすこともあります。

漢方薬でも副作用が出ることはあるので、自分に合った処方を適切な量を守って使いましょう。

 

漢方薬を生活に取り入れて健やかな毎日を

漢方薬についての基礎知識についてご紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか?いろいろな誤解をされることも多い漢方薬ですが、状況に応じて上手に活用することでわたし達の健康維持に大きく貢献してくれる存在です。漢方薬はドラッグストアから街の漢方薬局、病院など色々な場所で手に入れることができます。病気を治療するだけではなく、体全体の様々な不調も改善してくれる漢方薬に今大きな注目が集まっています。ぜひ、あなたももっと身近な存在として漢方薬を取り入れてみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る