menu

大黄を飲みすぎると下痢になるって本当?大黄の効果と副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘に対して優れた効果をもつ生薬「大黄(ダイオウ)」ですが、飲んだら下痢をして困っている人もいるのではないでしょうか?いくら便秘が改善できたとしても、下痢や腹痛が起きるのはやはり辛いですよね。

下痢の副作用を最低限に抑えて安全に使用するためには、大黄を含む漢方薬を適切に選んで正しく用いることが大切です。そこで大黄の効果をメカニズムから理解して、副作用と大黄を含む漢方薬の効果の違いについて理解を深めましょう。

 

大黄とは??

大黄はタデ科のダイオウという植物の根および根茎を乾燥させて作られた生薬です。主成分にはセンノシドを含み、腸内細菌により分解されてレインアンスロンに変化することで効果をもたらします。大黄は「ダイオウ末」として単独で使用されることもあれば、大黄甘草湯や麻子仁丸など様々な漢方薬に配合されることもあります。大黄は便秘に対して非常に切れ味のよい効果をもつため、「将軍」という異名を持つほどです。

 

大黄の効果

大黄は主に便秘を改善するために用いられる生薬です。大腸を刺激して動きを良くすることで排便を促します。漢方薬で便秘に対して効果をもつ処方のほとんどに含まれている代表的な生薬です。

大黄は非常に優れた効果がありますが、使いすぎると下痢や腹痛などの副作用を引き起こすこともあります。下痢を引き起こすと生活に支障が出てしまう可能性もあるので注意が必要です。

大黄単独で用いることもできますが効果の切れ味が良くなりすぎるため、他の生薬と一緒に漢方薬に配合して作用を調整して用いることが多いです。

 

大黄には下痢を改善する効果もある?!

下痢の副作用が起きやすい大黄ですが、実は逆に下痢を改善する効果もあるという説があります。大黄にはセンノシド以外にも下痢止めとしての効果をもつタンニンという成分が含まれているためではないかと考えられています。成分のセンノシドを抽出したものよりも大黄を生薬として摂取する方が、タンニンの効果と合わさって強い瀉下作用を調整してくれているというわけです。

さらに大黄は抗菌(殺菌)作用や腸内細菌叢の調整をする働きがあるとの報告もあることから、下痢止めとして作用するのではないかとも言われています。ただし、大黄を下痢止めとして用いることは非常に稀であり、便秘に用いる生薬として活用されることが一般的です。

 

大黄の副作用と下痢の対処法

大黄は腸を刺激する作用があるため、下痢や腹痛、軟便などの副作用が起きることがあります。そのため使いすぎには注意が必要です。下痢になってしまうのは、効果が強く出すぎたため、もしくは服用する量が多すぎたことが理由に考えられます。

そのため大黄を含む漢方薬を使用するときには、まずは少量から使い、様子をみるようにしましょう。万が一、下痢をしてしまった場合には連続して服用することは控えて落ち着くまで様子をみてください。

大黄甘草湯のような漢方薬は即効性も期待できるので、便秘したときに頓服的に使用するのも方法の一つです。

また、大黄を含む漢方薬はさまざまな種類があり、どれを選ぶかによっても大黄の瀉下作用の現れ方には差があります。なるべく下痢を防ぎながら便秘を改善するには、自分の状態に合わせた処方を選んで使うことが大切です。

 

大黄を含む漢方薬の種類と使い方

大黄を含む漢方薬はその生薬の組み合わせによって、即効性や効果の現れ方にも違いがあります。下痢を何度も繰り返す場合は、その漢方薬が強すぎるか、合っていない可能性も考えられます。自分の体質に合わせた漢方薬を選ぶため、処方ごとの違いを知っておきましょう。

 

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大黄と甘草の2つの生薬だけで構成された漢方薬で、体質を選ばずに誰にでも効果が得られやすいことが特徴です。中和作用のある甘草が配合されているため、腸の刺激作用が緩和されて下痢の副作用が起こりにくいよう工夫がされた処方です。大黄配合の漢方薬の中では効果が強いタイプなので少量から用いることをおすすめします。

 

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

お腹が張って腹痛があるとき、便秘症状が強い過敏性腸症候群の人にも用いられる漢方薬です。腸の冷えを改善します。緩下剤を使うと下痢をしたり腹痛が起きたりしやすい人に適しています。

 

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)

大黄に加えて便をやわらかくする作用のある芒硝も含む漢方薬です。下腹部に痛みがあり便秘がちな方で、体力がある程度充実している人に適しています。月経痛や月経困難症がある時にも用いることがあります。

 

麻子仁丸(ましにんがん)

便がコロコロと乾燥して出にくい、慢性便秘に用いられる漢方薬です。高齢者や体力が少なめの虚証の方に適しています。麻子仁に含まれる油分が便を柔らかくして滑りを良くすると共に、大黄が入っているので大腸の動きも良くなります。

 

大黄を適切に使って便秘を改善しよう

大黄は紹介した漢方薬以外にも多くの処方に含まれており、それぞれの処方により効果の現れ方や下痢の起こりやすさは変わります。同じように大黄が入っていても、どの漢方薬を選ぶかが効果のカギを握っているといえます。安全で効果的に便秘を改善するため、自分に合った処方を選ぶようにしましょう。もし、自分の体質に合った漢方薬が見つからない場合には、専門家に相談してみることをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  2. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

  3. 憂鬱・不安感がある方に効果的な漢方薬4種

ページ上部へ戻る