menu

漢方薬にも副作用はあるの?!知っておきたい漢方薬の安全性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「漢方薬は自然由来の植物で出来ているから安全」「効果が穏やかだから副作用がない」などのような話を聞いたことはないでしょうか?漢方薬は一般的には安全な薬だと思われがちです。でも、本当のところは漢方薬にも副作用があるので安全に正しく使用することが大切です。

今回は漢方薬にはどんな副作用があるのか、副作用を防ぐため気をつけるべきことについてお話していきます。安全に使って漢方薬を健康のために役立てていきましょう。

 

漢方薬にも副作用はある

一般に漢方薬には副作用が無い、少ないと考えらえていますが、残念ながら漢方薬にも副作用はあります。漢方薬は草木などの植物や鉱物、動物由来の原料から作られており、食品に共通するものも多いです。しかし、あくまでも医薬品であり、薬効が強く現れたり副作用が出たりすることもあります。副作用が現れる原因は次の2つに大きく分けることができます。

「証」に合わない漢方薬を使った場合

体質・病態のことを漢方では「証」といい、漢方薬を使う時には「証」に合ったものを使うことが大事です。しかし、医療機関から証に関係なく病名や症状から判断して漢方薬が処方されることも多く、体質に合わない漢方を使って副作用が起きる場合があります。例えば、実証向けの漢方薬を虚証の方に使った場合には思わぬ副作用が現れる可能性が考えられます。

 

薬理作用が強く現れた場合

副作用として気をつけなければいけないのが「甘草(カンゾウ)」を配合している漢方薬を使う場合です。甘草にはグリチルリチン酸という薬効成分が含まれており、むくみや血圧上昇などを伴う偽アルドステロン症という副作用を引き起こすことがあります。特に甘草を大量に使用した場合は起こりやすくなり、甘草は多くの漢方薬に含まれているので併用には注意が必要です。

他にも、下剤として知られる大黄(ダイオウ)を配合した漢方薬は過剰に効き目が出ると下痢や腹痛を起こすことがあります。

 

過去には重大な副作用が起きた事例も

西洋薬が直接悪い部分を狙って効くとすれば、漢方薬は悪い部分だけではなく体全体を整えながら効果を発揮します。そのため、重篤な副作用が起こりにくいと誤解されている側面があります。しかし、実際には過去に小柴胡湯による間質性肺炎の副作用により死亡した例も報告されています。決して重篤な副作用が出ないわけではないことを知っておきましょう。

 

漢方薬の副作用を防ぐために気をつけるべきこと

副作用があると聞くと不安に感じる人も多いかもしれませんが、適切に使えば漢方薬は私たちの強い味方となってくれる存在に変わりありません。副作用を未然に防ぐために、次のような注意点を守って使うようにしましょう。

 

自分の体質に合った漢方薬を使う

例えば同じ便秘の症状であっても選ぶべき漢方薬は体質によって違います。隣の人に効いた漢方薬が自分にも同じように効くとは限らないところが漢方薬の特徴です。漢方薬を使うときには自分の体質(証)にあったタイプを選ぶことが大事です。実際には、自分自身で選ぶことはなかなか難しいので専門医や薬剤師などに相談することをおすすめします。

 

複数の漢方薬を併用する場合は注意する

上記でも説明した通り、複数の漢方薬を使う場合には配合生薬が重複することで副作用が出ることがあります。特に、甘草配合の漢方薬を併用する場合は注意しましょう。

 

異変に気がついた時点で早めに相談する

漢方薬を飲み始めてから体調が優れない、違和感を感じるという場合には漢方薬が合わない、薬剤アレルギー、副作用などの理由が考えられます。漢方薬は続けることで効果が得られるタイプも多いですが、合わない漢方薬を無理に飲み続けるべきではありません。気になる症状があったら服用を一旦中止して、医師や薬剤師に相談してください。

 

適切に漢方薬を使って健康を目指そう

漢方薬も薬であり副作用はありますが、上手に使えば安全に使うことができる薬でもあります。副作用を怖がりすぎて使うのを止めてしまうのではなく、正しい知識を身につけて適切に使うことが重要です。

漢方薬は私たちの健康のために非常に有用な薬であり、安全に使うには自分に合った処方を見つけることが大事です。専門家に相談して自分の体に合った漢方薬を見つけ、健康維持のために取り入れて行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る