menu

冷えから胃痛になるって本当?冷えを防いで胃の不調を改善しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷たいものを摂りすぎたとき、季節の変わり目などにみぞおちのあたりが痛くなるという方はいませんか?それは、もしかしたら「冷え」から来る胃痛かもしれません。冷えや寒暖差は胃にとってストレスとなり、胃の痛みや胃もたれなどの不調を引き起こすことがあります。

なぜ、冷えると胃痛などの症状が起きてしまうのでしょうか?今回はその冷えと胃痛の関係について東洋医学的に説明するとともに、その解決法について紹介します。

冷えるとどうして胃痛になるの?

冷たいものを飲んだり食べた後や、頻繁に冷えるような食事をしている人、または気温の低い場所で体を冷やしてしまったときなどに、胃の痛みを感じることってありませんか?冷えは人間にとって大きなストレスとなり、自律神経の働きを乱すことがあります。胃は自律神経によって支配されていて、ストレスを感じると自律神経の働きが乱れて正常に胃腸が運動できなくなってしまうのです。その結果、消化機能が低下することで胃もたれや胃腸が過敏な状態となって胃の痛みを感じることがあります。

一方、東洋医学的には「冷え」は「水」のバランスを乱していることが原因と捉えます。人間の体は「気血水」の3つの構成要素からできており、バランスよく整っている状態が理想です。しかし、冷たい水や気温の低い環境にいることで「水」のバランスが乱れ、余分な「水」が溜まった状態になることを「痰湿」といいます。

「痰湿」の状態では水分排泄がうまく行っていないため、胃にも水が溜まって動きが悪くなってしまうことがあります。そのため、胃もたれや胃痛などの不快な症状が出てきてしまうのです。

こんな胃痛は冷えが原因かも?!

胃痛にはさまざまな原因が考えられます。冷え以外にも食べ過ぎ、ストレス、夜更かしなどの原因をはじめ、胃潰瘍や胃腸炎などの疾患が関わっている場合もあります。あなたの胃痛は冷えと関係があるのかどうか確認するため、次の症状に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

ただし、冷えに対処したにも拘らず改善しない場合には他の原因も考えられるため、早めの受診をおすすめします。

・冷たい飲み物、アイスクリームなどを好む

・生野菜、サラダや冷たい料理をよく食べる

・水分を摂りすぎている

・ビールなどお酒をよく飲む

・冬から春、夏から秋などの季節の変わり目に症状が出やすい

・精神的なストレスがある

以上に心当たりのある方は、胃腸が冷えていることが胃痛の原因となっている可能性があります。冷えとストレスを両方抱えている場合には、特に胃の痛みが出やすくなるため注意が必要です。ストレスも自律神経の働きを乱して、胃痛を引き起こします。東洋医学ではストレスは「気」「血」の巡りを悪くするため、冷えを引き起こすと考えられています。冷えとストレスが重なったときは、いつもよりも胃を大事にケアしてあげることが大切です。

冷えによる胃痛を防ぐためのセルフケア

冷えて胃の不調が起きているときには、基本はまず温めることが大切になります。次のような方法で体を外から内から温めてあげましょう。

冷たいものは避け、温かいものを摂るようにする

ジュースやお茶、お酒などの冷たい飲み物は胃腸に直に入って、胃を冷やす大きな原因の一つです。冷蔵庫から出してすぐの冷たい飲み物や氷を入れた飲み物をよく飲む人は、できるだけ温かい飲み物を選ぶようにしましょう。夏でも冷たいものは極力避けるようにして、常温以上のなるべく温かい飲み物を飲むことが胃腸を労わることに繋がります。

冷えによる胃痛や食欲不振には、日頃から食卓で利用している「こしょう」などの香辛料を食生活に取り入れるのもおすすめです。こしょうはお腹を温め、「気」の巡りを促すことで冷えによる痛みや不調をやわらげます。ただし、胃が荒れているときに摂りすぎると逆に胃が痛くなってしまうこともあるため、摂りすぎないように気をつけましょう。

肌着やカイロを使ってお腹を外から温める

冷えやストレスから胃が痛くなってしまう人は、お腹を冷やさないようにすることが大切です。普段から腹巻きや肌着を必ず身に着けるようにしましょう。すぐに温めたいときには使い捨てカイロや湯たんぽなどが便利です。また、外出時には気温差を減らすために、カーディガンやストール、ブランケットなどを活用すると良いでしょう。日常的に入浴する習慣をつけて、冷えを慢性化させないことも大切です。

冷えによる胃痛に効く漢方薬

冷えによる胃痛は漢方薬を使って改善することもできます。例えば、冷えとストレスが原因で起こる胃痛や胃もたれ、吐き気などを伴う場合には「安中散」が、冷いものの飲みすぎなどにより水分が停滞して冷え、水溶性の下痢や嘔吐、口が渇く、尿量が少ないなど症状の場合には「胃苓湯」が適しています。それぞれの症状や体質によって適した漢方薬は異なるので、自分の状態に合わせた処方を選ぶことが大切です。

冷えを防いで元気な胃を取り戻そう!

冷えは胃腸のトラブルと密接に関係しています。飲み物や食べ物などが冷えの原因となっている場合もあれば、気温差や薄着、ストレスなどにより冷えが慢性化してしまっている場合もあります。冷えを感じている人は内側から外側から胃腸を温めてあげることが大切です。胃腸を温めることにより冷えを撃退し、胃腸の元気を取り戻すことは全身の健康にも繋がっていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 漢方薬のメーカーはどこがいい?各漢方メーカーの違いを解説!

  2. オーダーメイド漢方を専門アドバイザーがご提案!

  3. 更年期障害に効果的な10種の漢方薬

ページ上部へ戻る